外出先で、張り紙を見ていた子どもが、
「赤い字から色んな色が出ている~!」と言うので見てみると、
手作りであろう張り紙のインクの文字が、
ビニールカバーの隙間から入り込んだ雨で滲んで、
流れかけていました。

赤は、プリンタでは、減法混色の3原色、
シアン、マゼンタ、イエローによって
沢山の色を再現しているので、
赤はマゼンタとイエローからできています。

赤のインクが水分によって、
元々のインクの色が比重の違いによって
分かれて滲んで見えたのでしょう。

赤い文字からマゼンタとイエローが現れていました。
頭ではしっかり理解していた理論ですが、
実際に見た時、本気で「ホントだ!」と言ってしまいました。

身の回りのこんなことも、試して見ると面白いかもしれません。
そうやって体得した知識は沢山の発見に結び付きますね。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。