先日、色彩学会の催しで、政近さんの講演を伺う機会がありました。

イタリアに移住なさったことで、服装の文化を体験なさり、
帰国後、「パーソナルスタイリスト」として活躍していらっしゃる方です。

そのパーソナルスタイリストという職業が、
高校の教科書に取り上げられたとのこと。

日本には独自のファッション文化がありますが、
本来のルールを教わるシステムはあまりないのが現状です。

今でこそ、ファッションのTPOなどといわれますが、
それだけでは足りないもっと奥深いルールが存在しているのだとか。

最初におっしゃったのは、女性は男性の服装に合わせるのが
基本ルールなのだということ。

いわゆる男性のドレスコードに、
女性が合っていることが常識なのだそうです。

男性は女性のおまけ、のように思われている
日本のファッション事情とは全く違うのですね。

洋装の文化の浅い日本、ファッションの文化も、
もっともっと充実していくことを願っています。



photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。