2019 / 09

23

2019/09

ディズニー映画の色

10:00:45 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
東商カラーコーディネーター検定の新しい内容は、理論だけでなく、ビジネスや実生活で
使える知識として、事例を多く、図や写真でのビジュアル化を特徴としているとのこと。
12月も、新しいテキストも、どちらもチャレンジするのもいいですね。

ディズニーにとって、いかに色が大事か、を知る画像を見ました。
それは、1本のディズニー映画作品から2000コマを抽出し、まとめて並べたミッソーニのニットのようなもの。
色だけで構成された画像なのに、それが何の映画なのか、伝わってくるのです。
先日、実写版が話題となった「アラジン」は、夜のシーンが多いためか、ミッドナイト
ブルーや紫、マゼンタがメイン。
同じく、実写版が公開された「ライオンキング」は、緑や水色、茶色などの大地と木々の色、
「ポカホンタス」は海の青、と、確かに、作品名を聞いただけで色合いが思い浮かびます。

色のイメージと、作品のイメージがこんなに強く影響しているのは、ディズニーならでは。
残念ながら現在はそのサイトは閉じられてしまい、画像を見ることができなくなってしまい
ましたが、ディズニーの色のこだわり、映画が印象に残る原因などが、よく理解できました。
実写版もさておき、秋の夜長に、アニメーション版をもう一度見直してみたい気分になっています。


18

2019/09

「Scribble Pen」

10:00:37 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
12月の東商カラーコーディネーター検定の申し込みは19日スタートです。
受験なさる方、ご一緒に頑張りましょう。

かつて、こちらのブログで、あらゆるものの色をスキャンしてデータ化するセンサーと
アプリのキットの話題を取り上げましたが、あれから数年。
既に、さらに進化したペンがありました。

この「Scribble Pen」、メモリが内蔵されていて、10万色が判別できるカラーセンサーがついています。
何でも描きたいと思う物体の色をスキャンすると、正に即座にRGBセンサーで「測色」
を行い、さらに再現してしまうというペン。
紙用のScribble Penには、シアン、マゼンタ、イエローと白黒の詰め替えインクが入って
いて、スキャンした色を紙に再現。
デバイス用のScribble Penは、Bluetooth機能でスマホやタブレットに色を再現します。
商品販売が実現したら、1万円前後での発売、とありましたが、2018年に公式サイトで予約受付開始になり、現在、紙用400ドルで販売されています。Photoshopとの連携も可能だとか。
例えば、インテリアファブリックの色をスキャンして、その色を使って描いた絵を飾る、
など、たくさんの魅力的な可能性があるペンです。
ハリーポッターで読んだ動く写真も最初のころは驚いたけれど、いつの間にか魔法のような
時代が来ていましたね。


11

2019/09

岡田美術館 箱根

10:00:43 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
東商カラーコーディネーター検定は、2020年から全面改訂となります。
主目的は、ビジネスシーンでの色の活用、提案ができる人材を育てること。
既に2級3級に合格なさった方も、新しい検定に、ぜひまた挑戦してみてください。

箱根には、彫刻の森美術館、ポーラ美術館などたくさんの素晴らしい美術館がありますね。
緑深い立地と、名画とのコラボレーションが極上のひと時をもたらしてくれます。

先日、「フランス人がときめいた日本の美術館」という番組で、
「岡田美術館」が紹介されていました。
将棋の女流名人戦の冠スポンサー名になっていたことで聞き覚えのあった美術館ですが、
これまで訪ねたことはありませんでした。
実業家の、岡田和生氏が収集した、中国、韓国などの東洋美術や、日本美術の、
古代から現代の作品を収蔵しています。
美術館は5階建てで、1階に中国・韓国の器、2階に日本の陶磁器とガラス、3、4階に
日本画、5階に仏教美術が展示され、中には重要文化財も含まれているとのこと。
現在は、「金屏風展」が開催され、狩野派、長谷川派、琳派などのきらびやかな作品が
展示されています。「金」の扱い、表現の多くを堪能できる展示。
今すぐにでも、足を運びたい美術館です。


04

2019/09

写楽

10:00:57 | 学習について | Comments Off | Trackbacks (0)

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の神宮です。
東商カラーコーディネーター検定は、東商初の企画検定として1995年にスタート
しました。次回の12月の検定が、現在の1級から3級の内容の最後の検定となります。
ご興味のある方は、ぜひ頑張ってチャレンジしてください。

モネやゴッホなど、名画の巨匠が影響受けたという日本の浮世絵。
この浮世絵を、今の時代によみがえらせる工房についての番組で、
写楽の素晴らしさについて伝えてくれました。
90年の歴史を持つ、版画の復刻の工房、アダチ版画研究所では、
写楽の作品の復刻を試みてきたそうです。
写楽の版木は、輪郭線が彫られた主版、色を入れる色版は2枚、6色を版木3枚で仕上げて
います。
同時代に、初代の歌川豊国の活躍がありますが、こちらは、色数10色で、主版1枚のほか、
色版は5枚使われ、写楽の倍の版を用いていたのだそうです。

写楽は、作品の背景を黒雲母という光沢のあるチャコールグレーのような色味で仕上げ、
色数を抑えることで、よりインパクトのある、みずみずしい役者の姿を表現しています。
黒雲母のパールのようなきらめきが、色に与える効果は、色ときらめきとの相乗効果で、
作品の魅力を高めているとのことですが、まさに、たくさんの対比の効果をみることが
できます。
時代は、江戸時代中期。贅沢禁止令が出た、「渋好み」が流行したころ。
およそ10か月の間に役者絵などを残して、姿を消したというミステリアスな背景のほかに、
西洋の人の心をとらえたのはどんな要素だったのか、写楽のすばらしさ、もう少し見つめてみたいと思いました。


photo

  • ブログ著者:
  • 神宮彩子講師

ブログTOP

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。