フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

ある程度会社が大きくなると、課長・部長などのポストが必要になります。
これらを作るためには、必然的に、人を評価することが必要となります。
評価が高い者をリーダーにするためです。

この評価というものが本当にやっかいです。

フォーサイトの場合、講師・編集・デザイナー・撮影スタッフ・配送担当など、
いろいろな業務の担当の方がいます。
これは、ほとんどの業務を社内でやっているからです。

このようないろいろな業務の担当者を評価するというのはなかなか大変なので、
今まで逃げてきたというのが実際のところです。

ただ、逃げてばかりではいけませんので、
これを機にきちんとした評価制度を作りたいと考えています。



西尾先生によるコンサルが始まりました。
楽しい先生なので、楽しく時間が過ぎてゆきます。
先生が真面目に進めようとするのを、私が雑談で妨害するという感じで進んでいます。笑

人事制度を整備するために、人事についてどのように考えているのかということを徹底的にヒアリングされます。
今まであまり真剣に考えたことがないのでいい勉強になります。

たとえば、給与は何に対する対価なのか?
私は実は労働に対する対価ではないと考えています。

そのように考えると、成果主義になって、あまりにも会社がギスギスしてしまうからです。
だから、給与は本人に対する期待値だと考えています。

これぐらいお支払いするので頑張ってね、という感じです。

これが私の本音なのですが、このような考えの経営者はあまりいないようです。
給与って、何なんでしょうか?



おかげ様で、会社もかなり大きくなりました。
にもかかわらず、課長・部長という職階もなく、評価制度もありません。
さすがに、これではいけないと思い、人事制度を整備することにしました。

しかし、どうやって整備したらいいのかさっぱりわかりません。
そこで、本を読んで、いい本に巡り合えたら、その先生にお願いすることにしました。
そして、いろいろ読んでみて、いい本に巡り会いました。

人事の超プロが明かす評価基準 西尾太著 三笠書房
です。

さっそくこの先生にお願いすることにしました。



会社の規模が大きくなったためか、
今年は昨年の倍ぐらい働いている感じです。

やってもやっても仕事がわき出てくるという感じです。

昨年はかなり一生懸命ダイエットをしていました。
しかし、今年は「美味しい夕食がないとやっていられない」
と自分に言い訳をして、以前のドカ食いを再開しています。

案の定、リバウンドしています。笑

年内はかなり忙しいので、
来年、ダイエットを再開したいと考えています。



毎日、職業柄、かなりの時間、パソコンとにらめっこしています。
そのため、以前から首コリがひどく、悩んでいました。

そこで、専門の病院に行ってみてもらったところ、
首の骨が少し曲がっていることが判明しました。

そこで、週3回の低周波波長を勧められ、1カ月間続けてみました。

なんと、首コリ、完治しました。

今では全く痛くありません。
現代医学って、すごいですね。



フォーサイトの本社にはキッチンがあり、毎日、みんなでランチを作っています。
そして、みんなで楽しく食べています。

これが会社が楽しく、みんなが仲がいい理由のひとつだと考えています。
これを本社以外の拠点にも広げるために、支店2か所にもキッチンを作りました。

これで、会社がより楽しく、みんなが仲良くなっていただければと考えています。



9月28日(木)東京FMの「シンクロのシティ」
という番組の生放送に16:25から出演しました。

当日、ハナコさんとスタッフの方に会社にいらっしゃり、
ちょっとだけ打合せをして、その後に、なんと、会社から生放送に出演というものでした。

フォーサイトでは、キッチンでみんなで昼食を作って食べているのでその取材でした。
出演したのは6分間だけでしたので、あっという間に終わりました。

楽しい体験でした。
ありがとうございました。



年代別合格者のデータ分析の続きです。

●勉強時間帯
若い世代は早起きは苦手なので朝の勉強は効率が悪い。
同時に深夜も悪い。年配の世代は朝は強い。

●暗記の仕方
若い世代は聞きながら覚えるのが効果的。
これに対して、年配の世代は書く、読むなどの能動的な覚え方が効果的。

●勉強の仕方
若い世代はテレビ・ラジオを視聴しながら勉強しても効果が上がるが、
年配の世代はそれをやると不合格になりやすい。

●勉強する場所
若い世代はトイレ・寝室・自分の部屋などの静かな場所の方が勉強がはかどるが、
年配の世代の場合、反対の傾向がある。

なかなか興味深い結果となりました。
今後の指導に役立てたいと思います。



年代別合格者のデータ分析が完了しました。
わかった点は下記の点です。

●いつから勉強を開始したか?
若い世代なら短期合格も可能だが、年配の世代では短期合格は不可能。
反対に、若い世代はあまり早くから勉強を開始しても自己管理能力が低いため続かないが、
年配の世代の場合、自己管理能力が高いため合格できます。

●1日当たりの勉強時間
若い世代は1日当たり6時間までが限度でそれを超えると不合格になりやすい。
つまり、毎日の勉強についても短時間集中がいい。
反対に、年配の場合、1日4時間以上勉強した方が合格しやすい。

●休日の勉強
若い世代は休日は勉強した方が合格しやすいが、
年配の世代は体力がないので休んで方が合格しやすい。



お盆に実家に帰りました。
いつもお盆に実家に帰ることはないのですが、
5月下旬にオヤジがなくなったためです。

仕事の関係で、死に目にも会えず、
通夜・葬儀にも出られなかったので、今一つ実感がわいてきません。

葬儀というものは、残された者の心の整理をするためのものであるということを再認識しました。
今までそこにいた人がいない不思議な空間に帰省したという感じでした。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。