合格体験記

合格体験記

簿記の模擬試験で弱点を把握して、もっといい点を取るために

簿記の模擬試験で弱点を把握して、もっといい点を取るために
試験の種類 日商簿記2級
性別 男性
年代 20代
試験年度 第145回 2級試験2017年(29年度)2月
エリア 群馬県
勉強時間 400時間
勉強期間 5ヶ月間
職業 学生
勉強法 過去問
商品 DVD,テキスト,問題集
受験回数 初学者(1回目)
試験科目 工業簿記
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
1.申し込み~勉強開始

簿記二級を取得しようと思い立ち、インターネット検索をかけたところ、フォーサイトさんの評判が良かったため、即日申し込みをいたしました。

数日で届き、中身を確認したところ、テキストがカラーであったことに感動を覚えました。また、勉強方法や時間の使い方、心構えなどが丁寧に書かれており、安心して勉強を始めることができました。


2.勉強方法

まずはDVDを見ましたが、後戻りせずどんどん先に進むことを心がけました。それは正解だったと思います。

少なくとも簿記二級においては、同じようなことが後に何回も出てくるので、単元を進めるうちに理解できる範囲が広がっていくからです。

DVDを見終わり、テキストの演習問題を解いた上で過去問に取り組み始めました。しかし、最初は思ったように解けませんでした。そこで、解説を見ながら解き進めていくという勉強方法に変更しました。

解説を見ながら何問か解き、類題を自力で解いてみる、というオーソドックスな方法です。フォーサイトさんの解説は丁寧で、流れに則って書かれているため、全体像を理解するのに非常に役立ちました。

特に工業簿記の原価計算では流れに則って進めていくのですが、市販されていたテキストよりも分かりやすく書かれていたと思います。また、語りかけるような口調で書いてあったことも、理解の一助になりました。

ある程度理解が進んだら、問題集をひたすら周回しました。このとき、間違えた問題に関してはなぜそのようになるのか、理解しながら進めることを心がけました。そして、本試験1ヶ月前に模擬試験を解きました。

模擬試験を解くことで、本試験でのペース配分や理解が不十分な点が露呈しました。模擬試験で明確な課題を得ることができ、非常に役立ちました。結果、本試験では模擬試験よりも高得点を取ることができました。

これも、自分の弱点を教えてくれた模擬試験と、弱点をきちんと補うことが出来るように設計されたテキスト・問題集であったからだと思います。


3.最後に

合格だけを狙うという意味であれば、フォーサイトさんが最適だと感じました。自分が受験した簿記二級試験は、第3問が難しく半分しか取れませんでした。しかし、第1245問に関してはテキストに掲載されていた通りであり、ほぼ全て得点することができました。

小野先生が「私たちを信じてください。」とおっしゃっていましたが、その意味が分かりました。フォーサイトさんは過去問を研究し尽くした上で、テキストを作成していることと思います。信じて正解でした。

ありがとうございます。
おめでとう0

まずは実際の無料テキストを体験してください!