受験生サポートブログ

学習記録をつけて、自分の成長を実感しよう

ゲーミフィケーションを取り入れて勉強を楽しく続けよう

 一日ごと、一週間ごとに細かく目標(ゴール)をつくって達成していくゲーミフィケーションの方法をとりいれると、必然的に細かく学習記録をつけることになります。
 この学習記録もまた、あなたの「やる気」をかきたてるのに大きく役立ちます。
 なぜならば、私たちは、何らかの目標を定めて達成したときばかりでなく、来た道を振り返って、あらためてその長さを感じた時にもまた、達成感を感じるからです。
 そして、自分の来た道を振り返るためには、学習記録が欠かせません。毎日の学習をきちんと記録してはじめて、一カ月ぶんの学習量の膨大さに気づき、それを成し遂げた自分に自信を持つことができるのです。

 オタキングと呼ばれた評論家の岡田斗司夫さんは、わずか一年余りの間に、体重を117kgから67kgへと大きく減量することに成功しました。この驚異的なダイエットのために岡田さんがとった方法がレコーディング・ダイエットです。
 レコーディング・ダイエットとは、毎日の食事や間食で、どれだけのカロリーを摂取しているか、逐一記録するものです。通常、人は食べ物のカロリーまで把握していませんが、それらを食事のたびに記録することで、いかに自分が肥満につながる食生活をしているかに気づきます。そして、自然と食事を制限するようになるのです。
 このように、普段は意識しない事実の記録は、あなたの「やる気」に働きかけて行動を変えさせる力があります。

 レコーディング・ダイエットは、好きなだけ食べていてはダイエットできないというシンプルな事実と、人は意外と自分がどれだけのカロリーを摂取しているか知らないという盲点との組み合わせで効果を発揮しました。
 毎日の学習を記録することにも、同じような効果があります。
 すなわち、試験に合格するためには日々の地道な学習を積み重ねて大量の勉強時間をつくるしかないというシンプルな事実と、試験合格までには膨大な量の勉強が必要だけれど、毎日少しずつ勉強していれば、その膨大な量が苦にならないという利点の組み合わせです。

 毎日の学習記録をつけることは、一日ごとに自分がどれだけの学習を達成したか(ステージをクリアしたか)を知ることにつながり、学習にゲーミフィケーションの楽しみをもたらします。
 さらに、一カ月ごとに学習記録を振り返ることで、知らぬ間に自分が大量の学習時間を積み重ねてきたことに気づくことができます。学習時間の「量」は試験合格の自信をもたらしてくれますし、“これだけ勉強したのだからいまさらやめられない”と「やる気」もかきたててくれます。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

知識記憶を方法記憶に変えて暗記したことを忘れない方法
知識記憶を方法記憶に変えれば、暗記したことは忘れない

 映画やドラマなどに出てくる記憶喪失の人が、どんなに自分の名前や過去の記憶を忘れ …

イメージや追体験で記憶を経験記憶にして定着させて暗記する勉強法
経験記憶も暗記した内容を定着させるために有効

 記憶の種類は「知識記憶」と「方法記憶」だけではありません。もう一つ、大切なもの …

失敗を想像してモチベーションを上げる方法
資格試験に落ちるのをイメージしてモチベーションを上げよう

 資格取得で得られるバラ色の生活をイメージすることは、いわば自分に対するご褒美で …

資格の合格に必要な学習量から勉強時間を計算して実行する
試験合格に必要な学習量と勉強時間を計算する

 学習計画をたてるためには、まずゴールを知ることが必要です。ゴールとは、試験合格 …

勉強が好きな人は合格への道を遠回りしやすい?
勉強そのものが好きだと、資格の試験に合格しにくい?

 このページを読んでいるあなたは、「勉強法」について熱心に調べる真面目な人だと思 …

インプットとアウトプットを繰り返す勉強法が暗記を促す
インプットとアウトプットの繰り返しが記憶を定着させる

 試験勉強とは、簡単に言えば、「理解」と「記憶」です。  こう書けば簡単そうに見 …