受験生サポートブログ

学習記録をつけて、自分の成長を実感しよう

ゲーミフィケーションを取り入れて勉強を楽しく続けよう

 一日ごと、一週間ごとに細かく目標(ゴール)をつくって達成していくゲーミフィケーションの方法をとりいれると、必然的に細かく学習記録をつけることになります。
 この学習記録もまた、あなたの「やる気」をかきたてるのに大きく役立ちます。
 なぜならば、私たちは、何らかの目標を定めて達成したときばかりでなく、来た道を振り返って、あらためてその長さを感じた時にもまた、達成感を感じるからです。
 そして、自分の来た道を振り返るためには、学習記録が欠かせません。毎日の学習をきちんと記録してはじめて、一カ月ぶんの学習量の膨大さに気づき、それを成し遂げた自分に自信を持つことができるのです。

 オタキングと呼ばれた評論家の岡田斗司夫さんは、わずか一年余りの間に、体重を117kgから67kgへと大きく減量することに成功しました。この驚異的なダイエットのために岡田さんがとった方法がレコーディング・ダイエットです。
 レコーディング・ダイエットとは、毎日の食事や間食で、どれだけのカロリーを摂取しているか、逐一記録するものです。通常、人は食べ物のカロリーまで把握していませんが、それらを食事のたびに記録することで、いかに自分が肥満につながる食生活をしているかに気づきます。そして、自然と食事を制限するようになるのです。
 このように、普段は意識しない事実の記録は、あなたの「やる気」に働きかけて行動を変えさせる力があります。

 レコーディング・ダイエットは、好きなだけ食べていてはダイエットできないというシンプルな事実と、人は意外と自分がどれだけのカロリーを摂取しているか知らないという盲点との組み合わせで効果を発揮しました。
 毎日の学習を記録することにも、同じような効果があります。
 すなわち、試験に合格するためには日々の地道な学習を積み重ねて大量の勉強時間をつくるしかないというシンプルな事実と、試験合格までには膨大な量の勉強が必要だけれど、毎日少しずつ勉強していれば、その膨大な量が苦にならないという利点の組み合わせです。

 毎日の学習記録をつけることは、一日ごとに自分がどれだけの学習を達成したか(ステージをクリアしたか)を知ることにつながり、学習にゲーミフィケーションの楽しみをもたらします。
 さらに、一カ月ごとに学習記録を振り返ることで、知らぬ間に自分が大量の学習時間を積み重ねてきたことに気づくことができます。学習時間の「量」は試験合格の自信をもたらしてくれますし、“これだけ勉強したのだからいまさらやめられない”と「やる気」もかきたててくれます。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

やればできると考えれば、本当に勉強の効果が倍増します
あなたは、やれば必ず勉強できる人です

 なかなか「やる気」が起きない、勉強がはじめられない、という人には、もしかすると …

試験では問題を時間内に解くのも実力のうち
資格試験に合格するために試験時間を意識した勉強法を

 本番の試験が終わった後で、次のように言って悔しがる人がいます。 「時間がなくて …

暗記を効率することが資格試験の一番の勉強法
資格試験合格の鍵は勉強時間と暗記の勉強法

 資格試験の勉強において、最も大切なことは、膨大な量の知識を正確に覚えることです …

コツコツ努力するのが資格を取るのに最高の勉強法
資格取得に必要なのは勉強する努力だけ

 ときどき「自分は学校の成績が悪かったから資格試験なんて無理」と最初からあきらめ …

分厚い本を一度だけ勉強するよりも薄い本を繰り返し勉強したほうが合格は近づく
薄いテキストを繰り返し学習するのが効果的

 ここに二種類の参考書があります。  片方は分厚くて「試験範囲を残らず網羅」など …

具体的な学習計画をつくれば勉強時間のつくり方も分かる
具体的な学習計画が合格までの道のりの8割

 勉強しようと思っても、なかなか勉強ができない人の多くは、「やる気」を出して「完 …