危険物取扱者とは?資格の内容や就ける仕事について解説!

活躍の場が広い危険物取扱者の将来性は?やりがいは?

受験者数が多い国家資格として知られる危険物取扱者。この資格を取得すると、どのような仕事ができるようになるのか、そこまで知っている方は少ないかもしれません。また、危険物取扱者は、細かく分類されている資格でもあります。

そこでこの記事では、危険物取扱者の資格の種類や、資格を取得してできる仕事、そしてこの資格のやりがいや将来性などもあわせて解説していきたいと思います。

目次

危険物取扱者とは?

危険物取扱者は、消防法により定められている危険物を取り扱うことができる、または取扱いの立ち合いができる資格で、国家資格になります。

分かりやすい例でいうとセルフサービスのガソリンスタンドを想像してもらうといいでしょう。ガソリンや軽油は、消防法に定められた危険物(引火性液体)となります。しかし、セルフサービスのガソリンスタンドでは、この危険物をドライバー自身が給油しています。

危険物取扱者の資格を持たない一般のドライバーが、ガソリンや軽油といって危険物を取り扱う(給油する)のは消防法違反のように見えますが、セルフサービスのガソリンスタンドには、必ず危険物取扱者が常駐しています。

この危険物取扱者がドライバーの給油に立ち会っていることで、消防法違反の状態を避けているわけです。

危険物取扱者の種類

危険物取扱者の資格は大きく3つに分けられています。その特徴をまずは表にまとめておきましょう。

種類 取扱い 立ち合い
甲種危険物取扱者 すべての危険物で可 すべての危険物で可
乙種危険物取扱者 定められた危険物で可 定められた危険物で可
丙種危険物取扱者 定められた危険物で可 不可

もっとも上位の資格が甲種であり、乙種、丙種の順で続きます。また、乙種はさらに細かく6つの種類に分類されますので、そのあたりを解説していきましょう。

甲種危険物取扱者

危険物取扱者の資格の中で最上位の資格が甲種危険物取扱者です。消防法で定められているすべての危険物に関して取扱いが可能で、またその立ち合いも可能な資格となっています。

受験には受験資格があり(後に詳しく解説)、誰でもすぐに受けられる資格ではありません。甲種危険物取扱者の資格を取ると、「危険物保安監督者(後に詳しく解説)」になることもでき、仕事の幅が広がる資格といえるでしょう。

乙種危険物取扱者

危険物取扱者の資格の中でももっとも受験者数が多い、人気の資格が乙種危険物取扱者です。乙種危険物取扱者には6つの種類があり、合格した類の危険物に対してのみ、取扱いや立ち合いが可能となります。

免状の種類 対象危険物 代表的な危険物
乙種第1類 酸化性固体 塩素酸カリウム,過マンガン酸カリウム,次亜塩素酸ナトリウム など
乙種第2類 可燃性固体 硫黄,赤リン,マグネシウム など
乙種第3類 自然発火性物質及び禁水性物質 ナトリウム,リチウム,黄リン など
乙種第4類 引火性液体 ガソリン,灯油,軽油,エタノール
乙種第5類 自己反応性物質 ニトログリセリン,トリニトロトルエン,アジ化ナトリウム など
乙種第6類 酸化性液体 過酸化水素,硝酸 など

6つの分類は上の表の通りです。例えば乙種第5類の試験に合格し資格を取得した方は、ニトログリセリンの取扱いはできますが、ガソリンの取扱いはできないということになります。

資格を取得すると、その危険物に対しては甲種危険物取扱者と同様の権限が与えられることもあり、多くの方は自身の仕事、業務に関係する危険物に関する乙種危険物取扱者の資格を取る傾向にあります。

ちなみに乙種の資格6種類をすべて取得すれば、甲種危険物取扱者と同じだけの権限を持つということになります。甲種試験には受験資格があるため、あえて乙種で6種類を取る方もいるようです。

ただし、甲種取得と乙種6種類取得はまったく同じではありません。甲種危険物取扱者は甲種防火管理者および防災管理者の資格も有しており、防火管理講習・防災管理講習を受ける必要がありません。

乙種を6種類持っていても防火管理者、防災管理者にはなれますが、講習を受ける必要があります。

このように細かい違いがありますので、甲種が狙える方は甲種を受けるのがおすすめです。

丙種危険物取扱者

丙種危険物取扱者は、危険物取り扱いにおける立ち合いはできません。できるのは指定された危険物の、自身による取扱いのみであり、立ち合いをするには乙種以上の資格が必要になります。

丙種危険物取扱者が扱える危険物 ガソリン,灯油,軽油,動植物油類,第3石油類(重油,潤滑油及び引火点130℃以上のものに限る),第4石油類

丙種危険物取扱者の資格で取り扱える危険物は上記の通り。乙種でいうところの第4類の一部となっています。

セルフサービスではないガソリンスタンドの場合、ガソリンを給油する店員は、少なくとも丙種危険物取扱者の資格が必要ということになります。ほかにも冬場になると町でも目にする灯油を売っているトラックなども、最低丙種危険物取扱者の資格が必要ということになります。

人気の資格は?

乙種危険物取扱者の解説の中で、「もっとも人気のある資格」と書きましたが、どの程度人気があるかを確認しておきましょう。以下の表は、令和2年度の危険物取扱者試験の受験者数と合格者数です。

令和2年度(2020年4月~2021年3月)の受験データ

資格 申請者数 受験者数 合格者数 合格率
甲種 21,036名 17,957名 7,632名 42.50%
乙種第1類 9,517名 9,190名 6,570名 71.50%
乙種第2類 9,117名 8,777名 6,217名 70.80%
乙種第3類 11,034名 10,612名 7,513名 70.80%
乙種第4類 225,233名 200,876名 77,466名 38.60%
乙種第5類 10,815名 10,393名 7,395名 71.20%
乙種第6類 11,379名 11,041名 7,560名 68.50%
丙種 24,727名 23,484名 12,684名 54.00%

受験者数を見ると乙種第4類が圧倒的に多いことがわかります。乙種第4類は、ガソリンや軽油、灯油といった引火性液体が対象の資格であり、ガソリンスタンドなど、広い職種で求められる資格のためこの数字となっています。

危険物取扱者の試験は、都道府県単位で行われますが、乙種第4類の試験のみほかの試験よりも多く開催する都道府県もあります。

危険物取扱者の資格が生かせる仕事

危険物取扱者資格の種類や特徴などに関してまとめてきましたが、ではこの危険物取扱者の資格を持つことで、その資格が生かせる仕事にはどのような仕事があるでしょうか。

危険物取扱者の資格が生かせる資格は大きく分けて3種類。危険物を「取り扱う」、「保管する」、「運ぶ」仕事となります。

具体的な宿主をいくつか紹介しますが、ここで紹介するのは資格が生かせる資格の一部です。ここに掲載されていない仕事でも、業務上取得が推奨される仕事、必須となる仕事もあります。

ガソリンスタンド

もっとも分かりやすい業種の代表格がガソリンスタンドでしょう。上の分類でいえば、危険物を取り扱う仕事となります。

ガソリンスタンドで求められる危険物取扱者資格は、甲種危険物取扱者、乙種第4類危険物取扱者、そして丙種危険物取扱者です。この中で、セルフサービスのガソリンスタンドで働くことができるのは、危険物取扱いの立ち合いが可能な甲種もしくは乙種となります。

受験者数の表でも圧倒的に人数が多かった乙種第4類は、例えば高校生や大学生が、ガソリンスタンドでアルバイトする際にも必要な資格ですので、必然的に受験者数も多くなるわけです。

化学薬品を扱う職場

化学薬品を取り扱う会社はかなりの種類があります。これは危険物を取り扱う、もしくは保管する業種と言えます。

化学薬品などの危険物を取り扱う業種としては、化粧品工場や製薬会社などが挙げられます。さらに危険物を取り扱う業種はほかにもいろいろあります。半導体や金属メッキの工場でも危険物に指定されている化学薬品を使用しますし、印刷や染色の工場でも危険物を取り扱うケースはあります。

意外なところでは食品加工場。食品加工を行う現場でも、動物製油や植物製油を使用する場合、これは引火性液体に含まれますので、甲種危険物取扱者や乙種第4類危険物取扱者の資格が必要ということになります。

危険物運送業

危険物の運送業は、危険物を保管し、そして運ぶ業種となります。危険物を運送する場合、その運転手もしくは同乗者が甲種もしくは対応する乙種の資格を持っている必要があり、多くの有資格者を求めている職種と言えます。

危険物取扱者の資格が生かせる仕事としてよく名前が上がるのが、ガソリンや軽油・灯油を運送するタンクローリーの運転手です。もちろん運転手が持っている必要はありませんが、甲種か乙種の資格を持つ方が同乗しなければいけません。

人件費の面で考えれば、運転手が危険物取扱者の資格を持っていることがベストですので、運転手として働くのであれば、甲種もしくは乙種第4類の資格取得を目指しましょう。

また、タンクローリーの運転手を目指す場合、気を付けたいの運転免許証です。普通自動車免許では、ある程度のサイズの車までしか運転できないため、タンクローリーの運転はできず、軽トラックや1トラックによる運送に限られることになります。

大型運転免許を取得すればある程度の大きさの車まで動かせますが、タンクローリーの運転手として、平均以上の収入を目指すのであれば、けん引免許の取得を目指し、同時に乙種第4類の資格を取得するのがおすすめです。

消防士

こちらも危険物取扱者の資格が活かせる仕事で検索するとよくヒットする職業です。しかし消防士の場合、危険物取扱者の資格取得が必須な仕事ではありません。

消防士はさまざまな現場に出動する必要があり、火災の原因や事故の原因が危険物であるケースも多いことから、危険物取扱者の資格があると、職務上役立ついう意味で推奨されています。

ちなみに消防士は公務員となります。消防士になるには公務員試験に合格する必要があります。消防士は正式には消防職員といい、消防職員は地方公務員ということになります。地方公務員、特に消防職員になるには、年齢が29歳以下、そして身体検査が必要となりますので覚えておきましょう。

危険物保安監督者

こちらは職業ではありませんが、危険物取扱者の資格が活かせるということで、こちらに列記しておきます。

危険物保安監督者とは、政令で指定された製造所などで設置が義務付けられている職種で、選任された危険物保安監督者を選任した場合、市町村長に報告する必要があります。

危険物保安監督者に選任されるには、該当する危険物に関する乙種危険物取扱者の資格か、甲種危険物取扱者の資格を所有し、該当する製造所で6ヶ月以上の実務経験が必要となります。

危険物保安監督者に選任されれば、もちろんそれに伴って責任も増しますが、同時に収入面が期待できます。危険物取扱者の資格を持っている以上、ぜひ狙っていきたい職種といえるでしょう。

危険物取扱者の資格の魅力は?

取扱いを間違えれば大事故を起こしかねないのが危険物です。それを取り扱う危険物取扱者の資格を取得するメリットや、資格が必要な仕事の魅力はどのようなものがあるでしょう。

例えば正社員ではなく、高校生や大学生のアルバイトでも、危険物取扱者の資格があるだけでまず時給が違います。学生のアルバイトは限られた時間で働きますので、時給が少しでも高いのはありがたいところ。こうしたメリットが、いわゆる正社員と呼ばれる方でもいろいろなメリットが考えられます、

また、危険物取扱者の資格を利用した仕事をするメリットに関してもまとめておきます。

就職や転職で有利に

危険物取扱者の資格を持つメリットは、何より就職や転職で有利になることです。危険物取扱者の資格は、資格を持っていないとできない業務があるため、求人に応募する時点で資格を持っていないといけないケースが多々あります。

セルフサービスのガソリンスタンドも、タンクローリーの運転手も危険物取扱者の資格を応募条件にしているケースが多く、資格所有が大きなメリットになります。

ほかの職種でも、特に乙種、甲種の資格は取得必須の仕事が多いため、就職や転職の際に大きく役立つでしょう。

収入アップが見込める

学生のアルバイト同様、収入アップが見込めるのも大きな魅力の一つといえるでしょう。化学薬品を扱う企業などでは、働く部署によっては必須の資格となるため、危険物取扱者の資格に資格手当を支給している企業も少なくありません。

また、危険物取扱者の資格を取得することで、資格を活かせる部署に異動となり、収入がアップするケースもありますし、危険物保安監督者になればさらに手当や収入アップも望めます。

現在危険物取扱者の資格を活かせない仕事に就いている方も、資格を取得し転職することで収入アップを目指せる可能性があります。

特にタンクローリーの運転手のように、危険物取扱者の資格以外に大型免許やけん引免許が必要な職業は、一般的なドライバーよりも収入は高い傾向にあります。

転職による収入アップを目指すのであれば、危険物取扱者の資格にプラスして別の資格を併せ持つことで、両方の資格がないとできない仕事を目指すと、想像以上の高収入を狙える可能性がありますのでおすすめです。

専門性の高い業務が多くやりがいを感じる

収入面以外の魅力といえば、やはりやりがいの大きな仕事が多いということでしょう。仕事のやりがいは、背負う責任の重さによって決まるケースが多く、その点では危険物取扱者は非常にやりがいが大きい仕事といえるでしょう。

消防法で危険物と定められている物質は、取扱いを間違えれば人体に大きな影響を及ぼすものや、大事故を招きかねないものばかりです。こういったものを取り扱うため、少しでも気を抜いたり手を抜いたりすれば、大惨事を招くことも考えられます。

仕事中は常に集中を求められ、万が一の時は大きな責任を負う反面、危険物取扱者として正しく危険物を取扱い、大きな事故なく仕事を終わることができれば大きな達成感を感じるはずです。

この達成感こそが仕事におけるやりがいであり、ほかの仕事では味わえないものといってもいいでしょう。

危険物取扱者に求められる資質

危険物取扱者の資格を取得し、その資格を活かせる職場で仕事をする場合、どのような資質が求められるでしょう。

繰り返しになりますが取り扱うものは扱いを間違えれば大きな被害が出かねないものばかりです。こういったものを取り扱う方が気に止めておく必要があること、また求められるものについてまとめておきましょう。

危険物に関する専門知識

まずはなんといっても取り扱う危険物に関する正しい知識です。この知識がなければ当然国家試験に合格はできません。しかし試験の時だけ覚えておけばいいということではなく、実際に仕事をする際も、正しい知識を持ち続けることが重要です。

特に製造所や化学工場のように、複数の危険物を同時に取り扱うような現場ではよりしっかりと専門知識を身に着けておく必要があります。身に着けた知識を正しく活用できないと、この仕事は務まりません。

何より重要なことは正しい知識を常に持ち続け、現場に危険が及ばないように対処するということ。一見当たり前のように見えますが、特に同じ職場で長い期間働いているとつい油断してしまいがちな部分ですので、十分に注意しましょう。

責任感の高さ

責任感を求められるのは、危険物取扱いの立ち合いをする資格を持つ甲種と乙種の有資格者と考える方は多いでしょう。しかし、それ以上にこの責任感が重要になるのが丙種危険物取扱者の方かもしれません。

甲種及び乙種を取得した方は、取得を目指した時点で、立ち合い者になる可能性を知っています。責任感を持ち、しっかり管理しなければいけないことを理解したうえで受験をしているわけで、甲種や乙種を持っている方の多くは、危険物を取り扱うことへの責任感は強いかと思います。

一方丙種には、立ち合いを行う権利はありません。つまり丙種の資格を目指す方は、自身が取り扱うことを目標に受験をする方がほとんどです。

確かに危険物の取扱いに立ち会うのは大きな責任が生じます。同時に、取り扱う方自身も責任を持って取り扱うことが求められます。

ほとんどの方はこの事実に気づいており、責任感を持って危険物と向き合っているかと思います。この責任感を感じていないと単純なミスにつながり、大きな事故を起こしてしまう可能性があります。

危険物を取り扱う以上、甲種も乙種も丙種も関係なく、常に大きな責任を背負っているということを自覚するようにしましょう。

集中力の持続

基本的に仕事というものにはミスがつきものです。どんなに偉い学校の先生でも漢字を読み間違うことはありますし、ベテランアナウンサーでも原稿を読み間違えることはあります。

大概のミスは咎められることはなく、次に同じ失敗を繰り返さないようにするのが仕事というものです。

しかし、仕事の中でも一部絶対にミスをしてはいけない仕事があるのも事実です。車のドライバーは間違っても事故を起こしてはいけませんし、医師も施術や診断をミスすることは許されません。裁判所の裁判官や、調剤薬局の薬剤師なども、ちょっとしたミスでほかの人の人生を大きく左右してしまう仕事といえるでしょう。

こうした少しのミスも許されない仕事のひとつが、危険物取扱者の仕事です。わずかなミスが大きな事故につながったり、人体に多大な影響を与えるような結果になるかもしれません。

こういった点で、危険物取扱者の仕事に求められるのは集中力。しかもこの集中力を持続させることといえるでしょう。

事故発生時は冷静に的確に行動する必要がある

どんなに集中していても、万が一の事故というのは発生してしまう可能性はあります。特に甲種や乙種を持ち、取扱いに立ち会う立場の場合や、危険物保安監督者として働いている場合は、直接自分がミスをしていなくても不慮の事故が発生する可能性があります。

こういった万が一の場合に求められるのが冷静さです。万が一の事態が発生した場合、その場の責任者として取るべき行動は、まずは周囲の従業員の安全の確保です。もちろんその場に従業員以外がいれば、その方隊の安全確保も重要です。

安全を確保しつつ行うのが、被害を最小限にとどめるための行動です。もちろん個人の対応でそれが可能であればまずその行動を取りましょう。個人の力では対応が難しい場合は、速やかに警察や消防などに通報しましょう。警察や消防から指示がある場合は、その指示に従った対応が必要です。

このように万が一の事態では、誰よりも冷静に、そして誰よりも迅速にその事態に対応することが求められます。安全を確保しつつ、被害を拡大させないような対応が求められるのです。

危険物取扱者を受験する場合の注意点

危険物取扱者の試験は大きく分けて3種類、乙種の6種類も含めて考えれば全部で8種類の試験が存在しています。

この国家試験を受験する際、注意すべき点をまとめておきましょう。中には当たり前と思える項目もありますが、それでも今一度確認をしておくことをおすすめします。

甲種危険物取扱者の受験には受験資格がある

まずは甲種危険物取扱者試験の受験資格に関して簡単に解説しておきましょう。

【受験資格】
・大学等で化学に関する学科を卒業している
・大学等で化学に関する単位を15単位以上取得
・乙種危険物取扱者の資格を取得し、2年以上の危険物取扱における実務経験がある
・乙種危険物取扱者の資格を4つ以上取得している
・化学に関する専攻し、修士、学士の学位を持つもの

基本的には学歴に関する条件が課せられています。大卒以上の学歴、大学中退者でも、化学に関する単位を15以上取得していることが条件となります。

そのほかには乙種危険物取扱業者の資格を所有していることも受験資格として認められます。ただし、取得している乙種が3種類以下である場合は資格取得後の実務経験などが条件となっています。

大卒もしくは単位を持っている方はいきなり甲種危険物取扱者に挑戦するのもありでしょう。乙種を6種類すべて取得しても得られない特典が甲種危険物取扱者の資格には存在しているからです。

一方、学歴の面で条件を満たしていない方は、まずは乙種危険物取扱者の資格を取得しましょう。その資格を活かした仕事をしているのであれば、取得する乙種は1種類でも問題ありません。

ただし、実務経験は2年以上必要となるため、もっと早く甲種の受験資格がほしい方は、乙種の資格を合計4種類取得するしかありません。使用する仕事が多い第4類を習得するとして、残りの種類は自身仕事に関連する可能性がある類を選ぶといいでしょう。

乙種は必要な類を選択する必要がある

乙種危険物取扱者は6つの種類が存在しています。種類はそれぞれ危険物のグループごとに分けられています。ガソリンやニトログリセリンのように、代表的な例として名前が上がるような危険物であれば、受験する類を間違えるようなことはないかと思います。

しかし、中には分類の難しい危険物も存在しています。こうした危険物は代表的な例にも登場しないケースが多いので、まずは資料を取り寄せ、受験する類を間違えないように注意してください。

危険物取扱者の将来性

危険物取扱者の試験難易度を見ると、最難関と言われている甲種危険物取扱者の試験であっても4割程度の合格率と、そこまで難しい試験ではありません。

試験の難易度が低いということは、それだけ取得がしやすいということ。取得がしやすい資格であるということは、さほど重要な資格ではなく、将来的に重要性はさらに下がっていくと想像する方もいらっしゃるかもしれません。

しかし危険物取扱者の資格は、難易度とは関係なく、これからも重要な資格であり続けることは間違いないでしょう。危険物取扱者の資格に将来性がある理由に関して解説していきましょう。

IT技術では置き換えることができない仕事

現在ある仕事、資格の中で、将来性に問題があるものがあるとすれば、それはこれからも進化していくIT技術で置き換えることができるかどうかです。

例えばコンビニエンスストアやスーパーののレジなどは、すでに無人レジが導入され始めており、今後人が担当する機会はどんどん減っていくでしょう。

さらに遡って考えてみると、銀行が思い出されます。今から数十年前までは、どの駅前にでも1つ2つの銀行の支店があり、基本的な手続きが銀行の窓口で行われていました。

しかし現代においては銀行の支店は減少の一途をたどっています。これは窓口で人の手で行っていた業務の多くを、ATMで行えるようになったからです。

では、危険物取扱者の仕事はどうでしょう?たとえどれだけIT技術が進化しても、最終的にはやはり人の手で行うべき業務になると思われます。どんなにコンピューターが優秀でも、ミスがないということは考えにくいところ。そして危険物取扱者の業務は決してミスが許されない仕事です。

いつの時代もこの時代は信頼できる人間が行う仕事であり、決してIT技術で置き換えることができる仕事ではないでしょう。

そう考えると危険物取扱者の資格は将来的にも求められる資格であると考えられます。

まとめ

危険物取扱者の資格は国家資格であり、国家試験に合格する必要があります。資格には多くの種類があるため、自身が望む資格をしっかりと見定めて受験することが重要となります。

甲種はすべての危険物の取扱い及び取扱いの立ち合いが可能、乙種は定められた危険物の取扱い及び取扱いの立ち合いが可能です。丙種は取扱いのみ。また取り合就ける危険物も限られており、一部業種で自身が取り扱う場合のみ有効な資格になっています。

危険物取扱者の有資格者を求める業界は多く、ガソリンスタンドや危険物運送業をはじめ、製造所、製薬工場、金属加工場などその職種も幅広くなっています。

仕事に関しては取り扱うものが危険物だけに、非常に責任が重くまた集中力や観察力、そして冷静な判断力が問われることになります。責任が重い分仕事としてのやりがいも大きく、多くの人が取得を目指す資格になっています。

将来的にも危険物の取扱やその立ち合いは、人間の手で行われることが予想されるため、将来性の高い資格でもあります。

併せてほかの資格を取得することで、より業種選択の幅が広がったり、収入アップを目指せることもあり、若いうちでもある程度年齢を重ねた方でも有用に使える資格といえるでしょう。