危険物取扱者とは?資格の内容や就ける仕事について解説!

危険物取扱者とは?資格の内容や就ける仕事について解説!

目次

消防法で定められている国家資格!
危険物取扱者とは?

危険物を取り扱う場合に必要となる国家資格です。

危険物取扱者を取得するとできること

消防法に定める危険物を取り扱うことができます。

危険物取扱者と消防法の関係

消防法において、火災の危険性の高い物質は、危険物として指定されており、危険物を取り扱う際に、危険物取扱者の資格が必要になります。

危険物取扱者の種類と特徴を解説!

危険物取扱者資格は、甲種、乙種及び丙種の3種類に分けられます。

また、危険物はその性質により第1類から第6類に分かれており、それぞれ取り扱うことができる危険物が異なります。

甲種危険物取扱者

第1類から第6類の全ての危険物を取り扱うことができます。

乙種危険物取扱者

全6類のうち、試験に合格した免状に指定のある類の危険物を取り扱うことができます。

丙種危険物取扱者

第4類の危険物の内、ガソリン、灯油、軽油、重油など一定の第4類危険物に限り、取り扱うことができます。

危険物取扱者を取得すると就ける仕事とは?

ガソリンスタンドの他、化学メーカーや研究所、消防士など活躍できる分野は多岐にわたります。

ガソリンスタンドの店員

ガソリンなどに代表される引火性液体の知識が必要になります。いわゆるセルフスタンド(顧客に自ら給油等させる給油取扱所)では、顧客自らによる給油作業または容器への詰め替え作業の監視等をするためにコントロールブース(制御卓)を設けています。

危険物取扱者が事務所内からモニター越しに遠隔から監視等をすることで、一見無人に見えても有資格者の立会いの下で危険物を取り扱っていることになります。

タンクローリーの運転手

タンクローリー(移動タンク貯蔵所)で危険物を移送する際には、運転手は、危険物取扱者でなくても構いませんが、危険物取扱者が同乗する必要があります。

ただし、実際のところは、危険物取扱者資格を有する者がタンクローリーを運転することが多いようです。

また、危険物取扱者は、その際に危険物取扱者免状を携帯しておかなければなりません。

危険物保安監督者

危険物保安監督者は、危険物の取扱作業において保安の監督業務を行います。危険物施設保安員を置く製造所等にあっては、危険物施設保安員へ必要な指示をし、危険物施設保安員を置かない製造所等にあっては、法令で定める業務を行います。

甲種若しくは乙種危険物取扱者で実務経験が6か月以上なければ、危険物保安監督者になることができません。

なお、乙種危険物取扱者においては免状を取得した類に限って、危険物の保安監督業務を行うことができます。

危険物取扱者は就職に有利?業務内容や就ける仕事を徹底検証!

資格取得手当がもらえる?
危険物取扱者の資格を取得するメリット

一定の製造所等では、危険物取扱者を置かなければなりません。危険物取扱者を必要とする製造所等では、欠かすことができない、いわゆる必置資格になります。

そのため、求人も多く存在し、そういった企業に自分の能力をアピールすることができます。

国家資格のなかでは比較的取得しやすい

危険物取扱者試験は、理系資格の登竜門的な資格と位置付けられており、いわゆる難関資格ではありません。勉強方法さえ間違えなければ、比較的短期間で合格を目指すことは可能です。

資格取得手当がもらえる

化学メーカー等の企業では、有資格者を確保したいという要請から、資格保有者には、基本給の他、別途資格手当が支給されるなどのメリットがあります。

また、就職時に危険物取扱者の資格を有していなくても、合格時には、報奨金として一時金を支給する企業もあります。

危険物取扱者を取得するまでの流れを把握しよう

それでは、どのような流れで資格取得を目指していくのかを見ていきましょう。

勉強する

危険物取扱者試験に限りませんが、前提として、試験合格のために対策を講じなければなりません。必要となる勉強時間を確保して、試験に臨めるようスケジュールを管理することが重要です。

学習方法としては、市販の教材を購入し、独学するか、危険物取扱者の資格を開講している予備校を利用するか、まずは、どのように学習を進めていくかを決める必要があります。

申請する

受験は、都道府県ごとに実施されるため、試験日程は全国統一ではありません。また、受験地は、住所地に限定されるわけではありませんので、いつ受験をするか・どこで受験するかを事前に決める必要があります。

なお、申請方法は、電子申請または都道府県ごとの申請窓口に書面で申請するという大きく2つの方法があります。

電子申請の場合は、(一財)消防試験研究センターのHPから行うことができます。

書面申請の場合は、以下の場所で願書・受験案内などを入手する必要があります。

東京都 (一財)消防試験研究センター本部・中央試験センター・都内の各消防署
東京都以外 (一財)消防試験研究センター各道府県支部及び関係機関・各消防本部

また、受験手数料は、危険物取扱者の種別によって以下のように異なっています。

甲種危険物取扱者 6,500円(非課税)
乙種危険物取扱者 4,500円(非課税)
丙種危険物取扱者 3,600円(非課税)

以上の受験手数料は、書面申請であっても電子申請であっても変わりませんが、書面申請の場合は、受験手数料の他、払い込みの手数料、さらに願書を送付するための費用が必要になります。

受験する

上記で見た通り、受験の実施時期は、都道府県ごとに異なりますので、注意が必要です。

特に乙種4類は、多くの都道府県では年に数回、試験を実施していますので、みなさんが受験のタイミングを決めることができます。余裕を持って試験に臨めるようにしてください。

なお、受験地は、居住地や勤務地に限定されませんので、近隣の地域で受験することもできます。

また、受験票には写真( 縦4.5cm×横3.5cm 、正面、無帽、無背景、上三分身像、申請前6か月以内に撮影したもの )を貼って、試験当日持参する必要があります。

受験票を持参しない場合だけでなく、規定のサイズの写真を貼っていない場合、本人確認ができない写真を貼っている場合の同様に、受験できません。

そのため、受験票を忘れてはならないのはもちろんのこと規定の写真を貼るのを忘れないように注意が必要です。

試験当日は、受験票の写真と本人の確認照合が行われます。必要に応じて、本人確認のため係員から写真付きの身分証明書の提示を求められることがありますので、念のため運転免許証等を持参しておいた方がよいでしょう。

免状の交付を受ける

試験に合格しただけでは、単なる合格者にすぎません。免状の交付を受けてはじめて、危険物取扱者として、危険物の取扱作業に従事することができます。

なお、免状の交付は、受験地の都道府県知事に対して行います。その際に、1種類につき2,900円の手数料が必要になります。

この手数料の金額は、全国一律ですが、申請先の都道府県によって、手数料の納付方法が異なるため、免状の交付申請をされる際は、しっかりと確認してください。

危険物取扱者を受験する際の注意点とは?

危険物取扱者には、甲種の場合の受験資格や、乙種及び丙種の場合の受験科目の一部免除があります。ご自身の資格や学歴等が該当するかどうか事前に確認することが必要です。

試験当日は、受験票の他、鉛筆又はシャープペンシル(いずれもHB又はB)、プラスチック消しゴムなど、忘れ物がないように前日から準備をしておきましょう。

また、各試験会場までのアクセスは、基本的には、公共交通機関の利用に限られていますので、事前に経路や所要時間を確認の上、受験票に記載されている集合時間に遅れないよう、余裕をもって当日はご自宅を出発してください。

受験勉強の注意点

完璧主義に陥ってしまわないように気をつけてください。試験対策上は、メリハリをつけて学習する必要があります。最初から細かい数字を覚えようとしたりすると途中で行き詰まりを覚え、学習を継続するのが困難になります。

また、出題される3科目は、相互に関連していますので、ある科目を学習して分からなかった単元が、別の科目を学習することにより知識が結びつき理解が深まってくることが少なからずあります。

分からないことがある度に立ち止まるのではなく、とりあえず、3科目すべてを一通り学習し終えることが重要です。

注意点を払拭するための方法

勉強を独学でやっていくと、合格までの道のりが思わぬ方向に行ってしまうことがあります。学習を継続するのに、自分自身の力だけでやっていくのは、とても骨が折れることです。

効率よく学習していくためには、独学よりも学習方法などの質問に対応してくれる予備校を利用した方がよいでしょう。

まとめ

危険物取扱者の中でもとくに乙種4類の求人数は多く、その中には、みなさんの希望と合致する職場があるはずです。

しかし、人気の求人は、当然、競争率も高くなり、採用もすぐに決まってしまいます。みなさんが希望する仕事が他の誰かに先を越されないよう学習のスタートを切りましょう。

危険物取扱者は、難関資格で見られるような受験生を積極的にふるいにかける試験ではありません。危険物取扱者の適正として必要となる基本的知識が身についているかが本試験では問われます。

そのため本試験対策をしっかりとることができれば、合格の可能性は、非常に高くなります。