危険物取扱者

危険物取扱者とは

危険物取扱者の中でもとくに乙種4類の求人数は多く、その中には、みなさんの希望と合致する職場があるはずです。
しかし、人気の求人は、当然、競争率も高くなり、採用もすぐに決まってしまいます。みなさんが希望する仕事が他の誰かに先を越されないよう学習のスタートを切りましょう。

危険物取扱者は、難関資格で見られるような受験生を積極的にふるいにかける試験ではありません。危険物取扱者の適正として必要となる基本的知識が身についているかが本試験では問われます。

危険物取扱者の基本情報

正式名称危険物取扱者乙種4類
資格種類国家資格
分野工業
認定団体都道府県知事
試験形式マークシート
受験資格特になし
試験日随時
受験料4,500円
受験者数(平成30年)240,102人
合格者数(平成30年)93,667人
合格率(平成30年)39.0%
偏差値45
危険物取扱者について詳しくはこちら

該当コラム

資格の種類を知る

資格の種類を知る

ひとくちに「資格」といっても、国家資格・公的資格・民間資格の3種類に分かれるのは、ご存じでしょうか? そして、それぞれに、試験の実施団体や受験資格、難易度などが異なるのです。 「取得しなければその職に就けない」資格・多く…

コメントなし
偏差値から見る資格ランキング

偏差値から見る資格ランキング

「資格」のレベルは、合格率だけみても「どのくらいの難易度なのか」が分かりづらいものです。そこで、「偏差値でたとえてみるとこれくらい」という基準を考えてみました。偏差値でみることにより、大まかですがその資格の難易度のイメー…

コメントなし