ITパスポート

ITパスポートとは

ITパスポートと聞くと、コンピュータに関する試験であるかのように思えます。でも、コンピュータのことだけが問われるわけではありません。

コンピュータが企業の中で使われる現代において、コンピュータのことだけを知ってても生きた知識になりません。
コンピュータそのものの知識とコンピュータが使われる環境(企業のことなど)に関する知識が問われる試験です。

知識だけでなく、論理的に考えて解答を導き出す能力も問われます。
「何をどのように処理すれば目的を果たせるか」といった形で問題が設定されていますので、知識・考える能力の両方が問われる試験です。

ITパスポートの基本情報

正式名称ITパスポート
資格種類国家資格
分野IT
認定団体経済産業省
試験形式四肢択一式
受験資格特になし
試験日随時
受験料5,700円
受験者数(平成30年)95,187人
合格者数(平成30年)49,221人
合格率51.7%
フォーサイト合格率(平成30年)86.3%
偏差値45
ITパスポート検定について詳しくはこちら

該当コラム

資格の種類を知る

資格の種類を知る

ひとくちに「資格」といっても、国家資格・公的資格・民間資格の3種類に分かれるのは、ご存じでしょうか? そして、それぞれに、試験の実施団体や受験資格、難易度などが異なるのです。 「取得しなければその職に就けない」資格・多く…

コメントなし
大学生におすすめの資格一覧

大学生におすすめの資格一覧

現在、大卒の求人は、「売り手市場」と呼ばれる恵まれた環境です。たとえば、2018年に大学を卒業した学生の求人倍数は約1.8倍ですが、この現状がいつまで続くとは限りません。 いつ、何がきっかけでリーマンショックのような世界…

コメントなし
偏差値から見る資格ランキング

偏差値から見る資格ランキング

「資格」のレベルは、合格率だけみても「どのくらいの難易度なのか」が分かりづらいものです。そこで、「偏差値でたとえてみるとこれくらい」という基準を考えてみました。偏差値でみることにより、大まかですがその資格の難易度のイメー…

コメントなし