裁判所事務官

裁判所事務官とは

裁判所事務官は国家公務員の一種なので、民間企業に比べるとリストラのリスクも少なく、安定して給与も上がっていきます。近年では公務員の働き方改革も進んでおり、ワークライフバランスを充実させる働き方や、結婚や出産を経験した後でも働き続けやすい環境が整っているともいわれています。司法の世界に興味がありつつも、プライベートも充実させたいといった方には、ぴったりの仕事といえます。

裁判所事務官の基本情報

正式名称裁判所事務官
資格種類国家資格
分野公務員
認定団体-
試験形式-
受験資格-
試験日-
受験料-
受験者数(平成30年)8,848人
合格者数(平成30年)1,255人
合格率(平成30年)14.1%
偏差値72
裁判所事務官試験について詳しくはこちら

該当コラム

資格の種類を知る

資格の種類を知る

ひとくちに「資格」といっても、国家資格・公的資格・民間資格の3種類に分かれるのは、ご存じでしょうか? そして、それぞれに、試験の実施団体や受験資格、難易度などが異なるのです。 「取得しなければその職に就けない」資格・多く…

コメントなし
偏差値から見る資格ランキング

偏差値から見る資格ランキング

「資格」のレベルは、合格率だけみても「どのくらいの難易度なのか」が分かりづらいものです。そこで、「偏差値でたとえてみるとこれくらい」という基準を考えてみました。偏差値でみることにより、大まかですがその資格の難易度のイメー…

コメントなし