FPのCDをiPhoneに入れて聞くと時間がない人でも受かる!

試験の種類3級
性別女性
年代30代
試験年度3級試験2015年(27年度)5月
エリア東京都
勉強時間300時間
勉強期間4ヶ月間
勉強法過去問
商品CD,テキスト,道場破り
受験回数初学者(1回目)
学習スタイル通信講座
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
家でまとまった勉強時間をつくるのが難しく、仕事の後にCDを聞いているだけでは眠くなってしまいそうなので、iPhoneにCDをすべて入れ、通勤時間やバスタイムなどすき間時間で聞くようにしました。

CDを一通り聞き終えたら、通勤時間は『道場破り』に充て、あとはひたすら過去問を解くスタイルで勉強しました。

CDはただテキストを読んでいるように思えたときもありましたが、過去問を解いていくうちにCDでチェックしたポイントが問題に直結しているところが多々あり、流して聞いているだけでも役に立っていたことが分かりました。

同じように道場破りは最初、問題数も少ないし、簡単だと思ってあまり重視していませんでした。
しかし、何度かトライしてもなかなか満点は取れず、満点を取れるころには、問題の内容がしっかりと覚えられるようになりました。

特に解説文を読みながら、繰り返したことが、設問内容以外のことをしっかり覚えることにつながったと思います。

過去問を解くときには、フォーサイトのノートの使い方が参考になりました。
理由や計算式を書くことで、過去問で間違えたらテキストに戻り、確認するときに、間違えたポイントが自分自身で確かめられるのでよかったです。

2週間前の試験直前からはFP協会のHPにある過去問を解くことで、出題形式と時間配分に慣れるようにしました。
模擬試験は時間を計りながら、試験前日に解いただけですが、それで十分でした。

教材のおかげで、試験内容にも出題形式にも十分慣れることができたので、試験当日は何度か見直しても時間が余り、学科試験は途中退出。
実技試験も半分以上、時間が余ってしまいました。

フォーサイトの教材は、テキストも過去問の解説もすべて試験を通ることを前提にしているので、制度の全体像を本当に理解するには物足りないかもれません。

しかし、試験対策に徹していると考えればよく、テキストだけで分からないところはネットで検索するなどしたので、その点については割り切ることが必要だと思います。

他の通信講座やテキストは知らないので、単純な比較はできませんが、自分には必要十分な量だったと思います。
1おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る