最後の追い込みで、FPの問題を高速で解けるように猛練習

性別男性
年代60代
職業無職
商品問題集,道場破り
学習スタイル通信講座
 定年退職後、この機会に何か資格でもと思い、もともと資産運用に興味を持っていたこともあって『2級FP技能士合格通信講座』を受講しました。
何故フォーサイトを選んだかと言うと、一番は『良心的な価格』です。安くとも内容が充実していなければ本末転倒です。そこで、インターネットで評判を調べましたが、とても良いコメントばかりでしたので、厳選な比較検討の末、申し込みました。
実は、以前に資料を請求したことがあるのですが、電話で申し込みを催促されたり、定期的に立派な資料・申込書を一方的に送ってくる会社もありました。
 オンラインの受講生フォローシステム『道場破り』を利用しましたが、確認テストの郵送、FAXの手間もなく、スケジュール管理もできて、大変便利でしたので、この利用を皆さんにもおすすめします。
挑戦状で『勉強したら、その日は飲んでいい』と誓いましたが、先に飲んでしまった日は寝床の中で問題集を解きましたので、約束は何とか守れました。
 模擬試験を受けてみると、これまでも薄々気づいていたのですが、ゆっくり勉強していたせいか、時間が足らないことがはっきりと分かりました。ですので、最後の追い込みでは、速く問題を解くことに集中しました。
 試験では、時間のかかる複雑な問題と、超簡単な問題とがあるので、自分のやりやすい問題を先に済ませるのも手かと思います。順番に解いて行って、もし最初の問題でハマってしまったら……。残りの予定時間のオーバーが気になって、ますます焦って、できる問題もできなくなる、なんてことにもなりかねません。何の試験でも同じことが言えるでしょうが、試験に不慣れである私のようなシニアにとって、時間配分にはとくに注意が必要だと実感しました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る