1日平均4時間以上をFPの学習時間に使えた背景

試験の種類3級
性別男性
年代30代
試験年度3級試験2013年(25年度)5月
エリア奈良県
勉強時間500時間
勉強期間3ヶ月間
勉強法過去問
商品テキスト
受験回数初学者(1回目)
ダブルライセンス社労士
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
以前から何か頑張ってみたいと思ってはいたものの

何をすれば良いのかわからなかった時、
兄がFPの資格を取得したと聞いていた事と
仕事で会社の保険業務を担当する事がきっかけで

自分も頑張ってみようと
一念発起してフォーサイトの教材に出会いました。

学習を始める前は、これまでまともに努力なんてした事がなかったので、
本当に自分にやり通せるだろうか?
合格する事ができるだろうかと躊躇しました。

しかし、このままダラダラ何となく仕事をして生きていくよりも、
努力をしてなりたい自分を想像し、

その先に見えるこれからの自分の価値観なども変わるのではないか?
と思い、教材サンプルを取り寄せ、

「頑張れるかも」とFP3級からですが始めてみました。

FP3級というと小さな一歩目かも知れないですが、
当時の自分にとっては、これまで特に努力してこなかった過去から比べれば、
本当に意味のある大きな一歩だったと思います。

学習を始めた当時は、
今まで触れたことのない分野や解らない事が沢山あり、
自分のものにする事が大変でしたが、

安藤先生の講義とテキストを繰り返し読み込み、
インプットの直後に過去問に取り掛かるという方法で学習を進めました。

過去問にいきなり取り掛かると間違いだらけでしたが、
問題を理解する事に時間を費やすよりも、

まずは答えを覚え(○×ではなく文章で覚える)、
その後、問題の意味を理解していくという進め方をしました。

そして学習計画を立て、計画通りに進んでいなければリスケジュールをし、調整しました。

学習が進み別科目になって、
これまで学習した科目の知識を忘れてしまうスピードも相当なもので、
その損失を防ぐ為にもすぐに復習を繰り返し、

「自分には勉強しかやる事がないんだから」と言い聞かせ、
暇さえあれば勉強する生活習慣をつけました。

学習時間は朝の通勤前の30分、
通勤電車の往復80分、
昼休み45分、
帰宅後の2時間以上の
一日平均4時間以上を学習時間に充てる事が出来ました。

また、合格体験記を読んでみると
年齢を問わず皆さんとても努力している事が伝わり、
「自分一人ではないんだ」と勇気づけられ、鼓舞されました。

学習にあたっては妻の全面的な協力があり、
家事や育児等もあるにもかかわらず学習時間を確保する事ができました。

現在はFP2級の学習をしておりますが、
2級も必ず3ヶ月で合格を果たし、

9月から社会保険労務士の学習に取り掛かり、
来年の夏の試験で合格する事が現在の目標です。

他社の教材は経験がないのですが、
フォーサイトの教材で学習する事ができて良かったです。
これからもお世話になります。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る