問題を理解できなかった私がFP実技試験で85点取れるようになるまで

試験の種類2級
性別女性
年代50代
試験年度2級試験2014年(26年度)9月
エリア千葉県
勉強時間300時間
勉強期間6ヶ月間
勉強法過去問
商品DVD,テキスト,問題集
受験回数初学者(1回目)
ダブルライセンス社労士
試験科目不動産
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
53歳で念願のFP2級1発で合格できました。

配偶者扶養控除内で働く私にとって、
これからますます年金生活だけでは暮らしていくことができず、
身体と心が健康であれば、死ぬまで働かなければならない時代となり、
一抹の不安をかかえていました。

配偶者扶養控除の廃止を検討している今、待ったなし!
それで今後自分自身のライフプランを考え直すことと、
転職の為受講しました。

とは言ったものの、昨日勉強したことが、
次の日には半分以上忘れてしまう年齢です。
ましてや金融、不動産は全く知らない世界でした。

とにかく4ヵ月繰り返し毎日DVDを活用しました。
そしてテキストや問題集を進めるうちにDVDで
講師が話している内容が少しずつ理解できるようになりました。
これが合格の決め手でした。

テキストは確かに他社より薄いのですが、
フルカラーで見やすく、理解しやすい内容で
頭にインプットしやすい内容でした。

また膨大な過去問との繰り返し勉強で頭に刷り込まれていきます。
金融の計算問題や不動産の計算問題などは、
はじめは問題文さえも理解できなかった私ですが、
試験結果をみると実技は100点中85点とれていました。
継続は力なりとはまさにフォーサイトのことを言っている、ですね。

試験1ヵ月前の休みの日は本番と同じように10時から12時迄学科、
13時半から15時迄実技の過去問を解きました。

そして自己採点と間違ったところを確認することを
必ずその日にしました。そうすることにより、
試験時のペース配分が身体に染みつき、
試験当日時間が足らないなどのパニックにならずにすみました。

まるでフィギュアスケートの選手のように
ストイックに自分の演技を最後までイメージして
本番に臨む姿がまさにフォーサイトの受検生です。

周りをみても私より年上の方はあまり見受けられませんでしたが、
20代の受検生と肩を並べ試験に臨み合格できたことが、
今後の自信に結び付きました。

記憶がまだ残っている今さらなる飛躍を求め、
社労士の講座を受講しようと決心しました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る