行政書士を読みやすいテキストで学習したら受かってて嬉しかった

行政書士を読みやすいテキストで学習したら受かってて嬉しかった

性別男性
年代30代
試験年度2016年(28年度)
エリア埼玉県
勉強時間400時間
勉強期間10ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法記述式,過去問,模試
商品DVD,テキスト
受験回数2回目
学習スタイル通信講座,予備校
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
フォーサイトとは、約5年前の試験対策の通信講座として選択したのが初めての出会いでした。
当時、仕事上、必要に感じた国家試験以外の資格、検定試験に合格してきましたが、その勉強方法としては、市販の公式テキストを繰り返し熟読することのみでした。
そのテキストのみで合格してきた経験から、フォーサイトのテキストサンプルを拝見したところ、市販のテキストに比べて試験対策に特化された重要項目に精査されているため文字数が圧倒的に少なく簡潔であること、科目ごとにテキストが分割されているため、圧迫感がなくB5サイズで持ち運びにも不便を感じないと思い、通信講座へ申し込みました。
実際に手元に届いたテキストを見ても、とにかく学習が進めやすくする工夫がされていることを実感するほど、テキストを読むことへの抵抗感がありませんでした。(市販のテキストはページにギッシリ文字が詰まっていて、1冊で全科目を網羅していることが多いことから、読んでも読んでも勉強が進んでいる感覚がせず、途中で行き詰ってしまうことがありましたが、フォーサイトはそのような感覚がありませんでした。)
当時は、仕事上、毎日、帰宅が終電近くであったため、どうしても平日は特に自宅学習の時間を確保するのが難しかったと記憶しております。
そのような中ではDVDが活躍しました。携帯プレイヤーで通勤時間に学習する方法です。毎日、往復3時間を有効活用して繰り返し視聴しながら、テキストを読むことに徹しました。講師の説明もわかりやすく、テキストを見ただけで、「この講義では講師がこんな説明をしていたな。」ということを記憶するまでに至りました。
初めての受験ということで若干の緊張はありましたが、インプットしたことを全力で発揮できれば合格できるという自信はありました。
試験問題を開くと理解できない問題(捨て問)に焦りもある反面、記述式には十分に対応できたのですが、択一式の誤答が多く、結果は166点で不合格でした。

その後、仕事の都合で勉強時間を確保することが難しくなり、受験を見送っておりましたが、
平成28年は再度、合格を目指し、勉強を開始いたしました。
もちろん、迷わずフォーサイトの通信講座を選びました。
前回に比べてテキスト内にチェックテストが追加されており、インプットとアウトプットを並行して進められて学習が効果的でした。そして、今回は前回の反省点を踏まえ、過去問にも挑戦することにしました。前回と今回の違いは次のとおりです。
◎学習スケジュールを設定したこと
◎インプットとアウトプットと並行したこと(学習したことの定着が効果的だった。)
◎確認テストを繰り返したこと
◎過去問にも力を入れたこと
◎解けない問題があったときに、テキストに戻って該当箇所を集中して学習したこと
◎直前模試にも挑戦したこと
※とにかく独自の学習手法を排除し、フォーサイトのカリキュラムに委ねました。
※記述式の対策のみ時間の都合上、できなかったことが不安でした。

テキストを繰り返し熟読することに加えて、上記5項目を進め、当日の試験に臨みました。

捨て問の存在を知っていたこと、過去問を繰り返したことで問題の形式にも慣れていたようで、全体とおして落ち着いて受験できました。
そして、最大の不安は、全く対策できなかった記述式問題ですが、悩みながらも記憶を絞りだし、何とか書ききりました。

試験終了後の所感としては、やはり記述式問題に不安があり、合否線上というところでした。
後日、大手予備校等が公開する模範解答を参考に自己採点を行いました。
やはり記述式問題の加点次第という結果でした。1問は満点、残りの2問は、論点はズレていないものの、どこまで加点されるかという状況でした。
ただ、この1年間の生活状況の中ではできる限りの勉強はしましたし、悔いはなかったので、万が一、不合格であれば、平成29年の試験で絶対に合格するという想いでした。

そして、いよいよ合格発表です。どちらかと言えば、不合格だろうと思っていたため、通知が届くまでインターネットの合格発表を確認する予定もなかったのですが、就寝直前になんとなく確認してみました。

なんと、そこには自分の受験番号がありました。合格でした。
不合格前提だったこともあり、驚きましたし、本当に嬉しかったです。
翌日、正式に合格通知も受け取りましたが、思ったよりも記述式問題が加点されていることが合格の決め手になったと思います。
仕事上、体系的に法律を学ぶという観点もありましたが、受験するからには合格しなければ意味はありませんので、この目標が達成できて、今まで各種資格試験に合格してきたのと比較にならないくらいの嬉しさと達成感があります。
自分の法律解釈の力を証明できること、自信を持てたこと、1年間プライベートを犠牲に努力を重ねてきたことからなのだと感じます。

最後になりますが、なによりも社会人として限られた時間の中で、より効率的効果的に勉強し、合格水準にまで知識レベルを押し上げてくれたフォーサイトの皆様、受験勉強期間の確保のために協力してくれた家族にも感謝しております。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る