行政書士の受験が真に始まったのはなんと8月下旬!それでも合格!

行政書士の受験が真に始まったのはなんと8月下旬!それでも合格!

性別男性
年代60代
試験年度2016年(28年度)
エリア神奈川県
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
職業その他職業
勉強法暗記
商品DVD,テキスト
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私が受験勉強に本腰を入れたのは2016年の6月からでした。
教材を購入してから半年以上の間は、テキストを読んでも、福澤先生のDVDを聴いても 翌日になると前日に覚えていたはずの事が思い出せない状が続き、自分の記憶力に自信を無くしてしまい受験を止めよかと思い悩む日の連続でした。
そんな折、仕事の都合で7月からフリーになる事になり、あらためて自分に合った勉強法を考えてみたところ「連続した時間の中」で繰り返し「書いて覚える」のが自分流の記憶術であることを思い出しました。
7月からフリーな時間が持てる最高の環境が整う幸運に恵まれたので、6月中旬ころから自分流に徹した勉強を続けましたが、記憶力が復活しない日々がそれから二ヶ月も続き9月までに目途が立たなければ受験を断念するつもりでした。
8月下旬頃からやっとテキストやDVD講義の内容が記憶できるようになり、それからが本当の受験勉強期間となりました。
一日6~8時間の配分でしたが、記憶疲れが起きるので5日に一日は勉強時間を2~3時間に減らし、10日に1日は全く勉強しない日を設けました。
記憶力に自信を取り戻し、受験勉強のペースに乗れた時に気が付いたのは、テキストの構成通りに勉強していけば出題範囲の各法律の内容が体系立てて理解できるようになる事、また福澤先生の講義はテキストの文面だけでは理解しきれない部分を的確・丁寧に補足説明されるので、正しい知識が身に着く事でした。
40年以上も前に教養課程で学んだ法学しか知らなかった自分が各法律の要点を理解し合格点が取れる知識を得られたのはテキスト内容を丸暗記し、福澤先生の講義内容を確実に理解・記憶することに徹したからだと思います。
福澤先生が講義の中で触れていましたが、自分に合った勉強法を見つけ、モチベーションを維持して、教材を信じて勉強を繰り返せば合格できる知識が身に着くこと、正に実感しています。
フォーサイトの講座を受講して良かったと思っています。
0おめでとう
◀合格体験記へ戻る