行政書士に受かったのはフォーサイトの教科書をやりまくったから

行政書士に受かったのはフォーサイトの教科書をやりまくったから

性別男性
年代20代
試験年度2017年(29年度)
エリア栃木県
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
職業学生
勉強法過去問
商品テキスト
受験回数初学者(1回目)
ダブルライセンス宅建
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私は、大学4年生ですが就職活動中もフォーサイトのテキストを常に持ち歩いてました。なぜ、この資格に挑戦しようと思ったというと自分には専門性がないと感じたためです。また、社会に出る前に法律を学んでみたいとも思っていました。実際に 、勉強を始めてみると分からない用語ばかりで困りました。しかし、福澤先生の助言の通り分からなくても立ち止まらずに講義を聞き続けました。すると少しずつ内容が理解出来るようになっていきました。先生の講義は法律を学んだことのない私でも理解することが出来るくらい親しみやすいものでした。ある程度、講義を見終わった後に過去問を解いてみましたが、全くと言っていいほど解けずにショックを受けた記憶があります。この過去問演習を通して、自分の理解が浅はかでありまだまだ基礎が徹底していないことを痛感させられました。ですので、何度も教科書に戻って読み直しました。フォーサイトさんの教科書はフルカラーでわかりやすく記憶にも残りました。それを繰り返して行くうちに出題者の意図していることを見抜くことが出来るようになってきました。その頃から、もしかしたら合格できるかもしれないと感じるようになりました。他社の模擬試験をやってみると知らない論点がたくさん出てきましたが、フォーサイトさんの教科書を徹底すれば受かるという謎の自信がありました。その自信の正体は、宅建試験からきているように思います。宅建も同じ年に行政書士と並行して勉強をしていました。結果的に宅建は合格をしました。この時に、フォーサイトさんの教科書を徹底すれば受かるという自信が出てきました。本試験では、あまり緊張することなく今までの実力を出せば受かると思っていました。採点をしてみると記述次第という結果になり2カ月半ソワソワしながら生活をしていました。合格発表当日には、自分の番号を見つけた時は本当に嬉しかったです。合格率に惑わされないでフォーサイトさんを信じれば合格出来ます。宅建と行政書士の両方を取ることが出来たのは自分の中で大きな財産になりました。最後になりますが、本当にありがとうございました。
3おめでとう
◀合格体験記へ戻る