毎日1枚はCDを聴きテキストにメモを書き込んで行政書士を勉強

毎日1枚はCDを聴きテキストにメモを書き込んで行政書士を勉強

性別男性
年代40代
勉強期間8ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法記述式,模試
商品CD,テキスト,問題集
 行政書士の資格取得において、まずは教材についてリサーチしました。結果、教材内容、分かりやすさ、コストパフォーマンスで「フォーサイト」の教材を選びました。

 受験勉強開始は3月からです。

 心がけたのは、講師の福澤先生の3つの教えです。

 1つ目は「まずは一通り読み終える」だったので、4月中にはとりあえず一通り読み終えました。2つ目は「テキストを増やさない」です。だからまずメモはテキストに書き込んでいきました。3つ目は「何度も勉強する」。ともかく毎日1枚は講義CDを聴いていました。

 仕事との両立に苦しみながらも、工夫して毎日2時間の勉強時間を捻出していました。
 それまでの生活スタイルから大きく変えたのは2点です。

 まず変えたのは起床時間です。早朝は記憶しやすい、最も勉強がはかどる時間帯ですから、起床時間を1時間繰り上げて5時としました。これで1時間の勉強時間を作り出しました。

 もう1点は、講義CDのフル活用です。

 i-Pod(アイポッド)を利用して、出張先や旅先、わずかな移動時間でも勉強できる態勢を作りました。営業車にも講義CDを持ち込み、自宅と同じように勉強できる時間と空間を作っていました。

 早朝は講義CDを繰り返し聴き、帰宅後はテキストの読み込み、問題集解きの時間としました。4~7月の夜はテキスト読みが中心、8月以降の夜は問題集解きを中心にし、長期においてメリハリをつけていました。

 業務の都合上、平日に勉強できない日がありましたので、基本的に日曜・祝日を挽回日としていました。ただし家族サービスは避けられないので、およそ5時間程度の勉強時間しかとれませんでした。本当に日曜のやりくりはたいへんでした。

 耳で講義CDを聴きながら、目でテキストを見て、同時にまとめノートに要点を書く、というのが基本的なスタイルです。おかげで、勉強開始から受験までに、まとめノ一ト2冊は隙間なく書き込みで埋まりました。

 とにかく8ヶ月を福澤先生の教え通りに過ごしました。

 福澤先生の、勇気を持ってあえて優先順位をつけるという、合格のための要点取捨選択アドバイスは、勉強時間を捻出している社会人にとって有益でした。本当に効率的な指導だったと感謝しています。講義CD中にあった叱咤激励やアドバイスにも勇気づけられました。

 フォーサイトの教材は学習しやすく、要点を押さえていたと思います。ただし、受験に際しては2点不足が感じられました。1点は記述式対策、もう1点は模擬試験です。この部分は不本意でしたが他社教材で補いました。とはいえ、福澤先生始めフォーサイトの支援態勢のおかげで、どうにか合格することができました。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る