育休を利用し行政書士試験に挑戦!5〜600時間ほどの勉強で一発合格

性別女性
年代20代
試験年度2018年(30年度)
エリア神奈川県
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問,模試
商品CD,テキスト,道場破り
受験回数初学者(1回目)
試験科目憲法
育休を利用して勉強し、1回で合格しました。

勉強を開始したのは試験の約1年前ですが、他の資格試験も並行して勉強していたので

行政書士試験トータルの勉強時間は500~600時間程度だったと思います。



行政書士試験、初めは範囲が膨大に感じますが

基本的なところをしっかり押さえれば大丈夫です。

実際、私は法律の知識は全くのゼロ、憲法さえ真面目に読むのは初めてという状態でしたが、

1回の受験できちんと合格することができました。



まず、教材と勉強の流れですが、

私が使ったのは、フォーサイトのCDコース(テキスト、過去問、CD、模試×2回分)のみで、

テキストを1周したのち、過去問を全科目5回ほど解き、模試を解いて本番という流れで学習しました。



育児をしながらでしたので、

机に向かえる時間は限られていて、音声教材はよく活用しました。

テキストを一周とは書きましたが、音だけは複数回聞いて隙間時間を活用し、

これから何を覚えなければいけないのか、しっかり理解するようにしました。

耳が空いている時間を活用する、というのは、

受験勉強においてはとても大事な心掛けだと思います。



さて、勉強の中心は過去問演習でした。

冒頭に書いたように、基本を押さえれば大丈夫な試験です。

基本とは何か、過去問を解いていれば、繰り返し出題される論点がありますので、おのずと見えてきます。

ポイントだと思うところを、問題を解き、理解が完璧でない感じた設問については

必ずテキストに戻って確認し、覚えやすいように自分なりの表などを作成しながら、

5周ほど過去問を解きました。

なので、5周といっても、1回目はものすごく時間がかかりますが、徐々にスピードは上がっていきます。

フォーサイトの過去問講座は、テキストとリンクしており、参照頁が書いてあったので、

テキストへの確認がやりやすかったです。

ここで大事なことは、過去問を解いたときに、自分が全設問について本当に理解しているか、○×を合わせただけになっていないか、把握することです。



こうして丁寧に繰り返していけば、大事なことは必ず頭に入ります。

行政書士試験は、努力が必ず報われる試験だと思います。

(一般常識科目については、ちょっと別な対策と心構えが必要ですが…)



最後に、勉強への姿勢についてですが、

私は受験にあたって、テレビを撤去し、気が散りそうなアプリはアンインストールしました。

絶対に1回で合格すると決め、背水の陣の気持ちで臨み、必死で勉強しました。

1年くらいテレビがなくたって、SNSを見れなくたって、たいしたことないです。

数か月間の受験生活、文字通り「寸暇を惜しんで」努力を重ねることの大切さを身に染みて感じました。



教材、質問、道場破りと、受験生活を通して支えて頂いたフォーサイトの皆様、

福澤先生には大変感謝しております。

ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る