行政書士講座を比較。フォーサイトが圧勝!講義DVDの質が違う

性別女性
年代20代
試験年度2018年(30年度)
エリア広島県
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法選択肢,参考書
商品DVD,CD,テキスト,資料請求
受験回数初学者(1回目)
学習スタイル通信講座,予備校,独学
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
1。フォーサイトを選ぶまでの流れ

2。初学者にこそフォーサイトがおすすめな理由

3。福澤先生、フォーサイトありがとう!!



1。まず、独学は選択肢にありませんでした。文学部卒で全く法律の知識がなかったので、参考書を読むだけで理解できるとは思えなかったからです。また、予備校での教室受講は、メモを取っているとその間話したことを聞き逃したり、体調次第では眠くなったりするので、向いていないと判断しました。

そういうわけで通信講座にしようと思い、フォーサイトを含め3社資料請求しました。A社(※ユーキャンです。)は、テキストのみで講義DVDなどはないと分かり候補から外しました。続いてB社(※クレアールです。)とフォーサイトはサンプルDVD付きでしたので視聴してみました。結論、フォーサイトの圧勝でした。価格の都合で大手のT○CやL○Cは最初から検討しませんでしたが、それらも含めて全ての行政書士講座(通信講座)の中でフォーサイトが最も良質だと思います。通信講座と言えば、黒板の前で講師が話す、教室授業を録画したものを通信で使う、というのが主流ですが、フォーサイトは全く違います。これなら続けられるかもしれないと思い、講座を申し込みました。



2。とにかく、映像や音声にストレスがないです。ストレスがないと、聴き続けることも、何度も講義を見ることも苦になりません。福澤先生の話し方は本当に聴きやすく、映像も専用のスタジオで撮られているだけあって、すごく見やすいです。

初学者とそうでない人の大きな違いは、そもそも講義を初めて視聴したとき、内容が頭に入ってくるかどうかではないでしょうか。福澤先生が分かりやすく解説してくださるので分かったような気になりますが、1度見ただけでは全体的にはよく分かりませんし、すぐ忘れてしまいます。そのため、覚えるためには何度もCDを聴いたり、講義を視聴する必要があります。そんなとき、例えば先生の声が聞き取りづらかったり、ゴホゴホせき込んでいたり、映像が暗めで画質も悪いとどうでしょうか。私だったら、講義を視聴するのがおっくうになってしまいます。法学部卒の方など、法律知識がある方は違うかもしれません。内容が頭に入ってくるから、どんな話し方をしていようと、画質が悪かろうと、内容が興味深ければ気にならない可能性もあります。

初学者は、学習しはじめの段階では特に、内容以外のところでモチベーションが左右されやすいと思います。私には、福澤先生の講義はとても合っていました。もちろん、人によって講師との相性もあるでしょうから、資料請求して実際にサンプルを見て判断されるのが1番かと思います。



3。この度、法律初学者の私が一発合格できたのは、間違いなくフォーサイトを選んだからだと思っています。ちなみに私は独学で簿記3級に挑戦して、2度落ちて諦めた過去があります。向き不向きはあるものの、簿記3級よりはるかに合格率の低い行政書士試験に受かれるとは、1年前には思ってもいませんでした。こんなに低価格(もっと高くても、私は買いますよ!)で、こんなにも良質な教材を提供してくださったフォーサイト、そして素晴らしい講義をしてくださった福澤先生に感謝の気持ちでいっぱいです。独立開業型の資格のため、転職に使えるかどうかは別として(笑)、国家資格を取れたことが自分の自信になりました。

フォーサイトで司法書士の講座が開講したらぜひ受講したいので、ひそかに心待ちにしております。

本当にありがとうございました!!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る