ビザ申請業務への興味が行政書士を目指すきっかけに。成功の秘訣は早めの過去問学習

性別女性
年代40代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア鳥取県
勉強時間1000時間
勉強期間8ヶ月間
職業自営業・会社経営
勉強法過去問,模試
商品DVD,テキスト
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
1.きっかけ

 主人が法務事務所を開設しており、私自身は別に中国語と英語の通訳・翻訳を行っていたが、中国系の友人からしばしばビザ申請等を依頼されることがあり、手っ取り早く自分で業務を受けた方がいいのでは、と思うようになったこと。また、ちょうど今年、末の子が幼稚園を卒業するので、今後時間的に少しは余裕ができるのでは、という期待もあった。昨年3月末に思いつき、即入会。



2.フォーサイトを選んだ理由

 ずばり、短期での資格取得を看板に挙げている点。4人の子供を抱え、且つ請負で仕事をしている為、とにかく時間を無駄にしたくなかった。



3.日々の勉強時間

 朝9時~10時、夜9時~10時の2時間を勉強にあてた。7月頃からはプラス1~2時間。直前期は主人に子供たちを頼んで、ひたすら模擬試験を家で行った。



4.直面した困難等

 もともと酒飲みの私、晩酌を我慢!と思ったもののフォーサイト福澤先生がコーヒーブレイクで書かれていた通り、長続きしなかった。結局夜は、普通に晩酌を楽しんだ後で勉強した。

 また、元々語学畑の語学バカな自分にとっては、基本テキスト自体が難解で、(DVD+熟読)×2回ではほとんど理解できず、なんども勉強を止めようと思った。その時、主人が「分からなくていいから、過去問に早めにシフトした方がいい。」といアドバイスをくれ、半信半疑のまま過去問を解き始めた。結局7月頃から過去問中心、躓いたところを基本テキストで確認、というスタイルにシフト。なるほど、過去問を2~3回繰り返すうち、分からなかった基本テキストが不思議と理解できるように。9月位から、「あれ?私、いけるかも?」と感じるようになり、勉強が楽しくなり、自然に勉強時間も増えた。直前期には、時間を見つけては、子供たちに「邪魔するな令」を出して、直前模試を行い、前日には図書館の勉強スペースで本番と同時間帯で直前模試を行った。



5.アドバイス

 法律初心者の方は、基本テキストは分からないものと腹をくくること。ある程度ザっと見たら、どんどん過去問を解いていく方がかえって合格への早道だと思う。9月に一度、隣県にまで他スクールの模試を受けに行った。この時にうけた衝撃(あまりに出来なかった...)が、その後の勉強の糧となったように思う。フォーサイトを信じて正解だった。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る