初めての行政書士試験、フォーサイトの教材を繰り返し、正確な知識を積み重ねて合格!

性別男性
年代20代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア愛知県
勉強時間700時間
勉強期間1年間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法記述式,過去問
商品DVD,道場破り
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
■合格した実感

 受験してから結果を見るまでは正直落ちたと思っていました。自己採点では当然記述式問題の得点はあまり分からないため、少し低めに点数計算していましたが、それでも全体得点は10点くらい足りないと予想していました。合格者番号に自分の番号があるのを見つけたときには視野が狭まるほど心臓が高鳴りました。

 試験のちょうど1年前からフォーサイトの受講を始め、時には何も手がつかないような時期もありましたが、1年間の地道な努力が実った実感を徐々に噛みしめています。なにかの間違いではないかと何度も公式ホームページを見ましたが、確かに番号があるのでさすがに信じることにしました。



■勉強の流れ

 はじめての受験だったので、最初はそもそも行政書士試験がどんな内容なのか一切知りませんでした。

 DVDありのスタイルでしたのでとにかくDVDで一通り受講しようと思い、右も左も分からぬまま教材DVDから再生を始めました。

 福澤先生の講義はとにかく素晴らしいです。特筆すべき点は眠くならないところです。これは受講生によって個人差はあるとは思いますが、講義を受ける、ましてやDVDの一方通行の受講は眠くなるものと思います。しかし先生の場合、話し方や声のトーン、随所に散りばめられたユーモアのある例え話などで飽きさせずにどんどん勉強を進めることが出来ました。そして、とりあえず教材DVDを一周しました。

 DVDが終わると教材だけで一周しました。次に過去問を一周し、分野ごとに正解率を出し特に理解できていない点を把握して、もう一度教材を一周しました。この際には正解率が高かった分野は速めに読み、低かった分野はじっくりと読みました。

 通勤や外回り営業の隙間時間には道場破りの講義映像をダンロードしたものを再生し、聞き流していました。

 勉強を通して意識して行ったのは、分からない単語が出たときには些細なことでもwebなどで調べることです。全体的に法律に関わるお堅い話なので私生活では中々見ない単語が結構出ます。例えば「蓋然性(ガイゼンセイ)」と言う単語が出た際に、恥ずかしながら私には意味がわかりませんでした。何となくで「それらしさ?」などと意訳して流してしまいそうになりましたが、ちゃんと調べることで前後の文章の意味がクリアになり、全体像が形成しやすくなったと思います。



■最後に

 私自身も勉強開始から受験まで一貫して感じていましたが、範囲が非常にボリューミーで心が折れそうになると思います。さらに仕事から帰ってからの勉強で平日はあまり進みません。休みの日にはリフレッシュしたいと思ってしまいます。しかし仕事を忘れられる休日だからこそ、将来を夢見て集中して勉強できました。

 そして合格はなんと言ってもフォーサイトのおかげだと思います。はじめに言った通り、受かる自信はほとんどないくらい不十分な状態だったと自負しておりますが、フォーサイトの要点を押さえた教材のおかげで合格することができました。福澤先生、そしてスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る