苦手な民法を行政法でカバーし合格。Youtubeライブでの福澤先生の言葉に励まされました。

性別女性
年代30代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア兵庫県
勉強時間1000時間
勉強期間10ヶ月間
職業無職
勉強法暗記,過去問
受験回数初学者(1回目)
試験科目民法,行政法
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
4年大学の経済学部出身です。

①初めての法律の勉強

法律の知識はまるでなく、初めはみなさんが仰るとおり法律独特の言い回しが理解出来なく、教科書1ページ理解するのにどれだけ時間がかかったことか、、、ただ、理解できない所を噛み砕いて解説して下さる福澤先生の講義のお陰様で、なんとか教科書を読み進める事が出来ました。

基礎講座を終えたのは良いものの、過去問では歯が立ちませんでした。それでも何度も繰り返す事で記憶が定着するという言葉を信じ繰り返すことで、聞かれているポイントがふわっと分かってくるような感覚になりました。

最後の最後まで民法は苦手で、本番も9問中4問しか正解出来なかったのですが、、、奇跡的に合格出来ました。

行政法は、何度も繰り返し、似ている点を比較して暗記するようにすると、点が取れやすくなりました。

フォーサイトに出てくる判例は本番の試験でも割と聞かれていたので、しっかり理論付けを覚えておいて良かったです。

それと合格道場はすごく役に立ちました。

寝かしつ時はスマホ片手に合格道場、子供と遊ぶ時も傍には合格道場、家事をしながら合格道場、、、と隙間時間に活用しました。



②試験が近付けば近づく程、自分の不出来に焦り、精神的にピリピリしているのが周りにもわかったみたいで、子供も寄り付かなくなり、、、直前期の10月の日曜は三週連続旦那さんに子供と一緒に実家へ帰ってもらいみっちり勉強する事が出来たのはありがたいのですが、すっかり子供がパパっ子になってしまいました笑 

まだ2歳と小さく、ずっとそばにいてあげたい時なのに、ママは自分のことばっかりでごめんねという思いと、家族にも協力してもらっているので、絶対に合格したい!合格しなければ!という意思は日に日に強くなっていきました。



③試験本番は、「合格するぞ!と思うと緊張してしまう」と福澤先生からのメールで書いてあったので、私の実力じゃ落ちるから、力試しするだけーという軽い気持ちを持つことを心がけて挑みました。

3時間の試験は長いかな?思っていましたが、本当に時間がなくてなくて、どうしようとプチパニックになりながらもなんとか終えました。

合格発表日もどうせ落ちてるやろうけど見とこーと軽い気持ちで見たらまさか自分の番号が載ってあったので信じられませんでした。

こんな私が行政書士になって良いのか疑問ですが、フォーサイトの講座のおかげでなんとか合格を勝ち取ることが出来、感謝でしかありません。



夜中に何度も頭から血が出そうになるくらい意味がわからなかった事も、福澤先生の受講者目線での解説、勇気づけがあったから続けられました。

それとYouTubeライブ。初めてのライブの時は、本当に自信がなく心が折れそうで落ち込んでいた時期でしたが、ライブの最後に福澤先生が「みなさん、どうか気を強くもって自分を信じてやり切ってください」の一言に助けられました。本当にありがとうございました。



最後になりますが、五十嵐先生の講義を見たかったので見れず残念ですが、本当にフォーサイトを選んで正解でした。

勉強を続けられたのは、法律初学者の私でも理解できる解説をしてくださった福澤先生の講義のお陰様です。フォーサイトを信じて最後までやり切ると絶対合格できると思います! 
15おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る