インテリアコーディネーターになるための方法と仕事内容、やりがいなどについて

インテリアコーディネーターになるための方法と仕事内容、やりがいなどについて

インテリアコーディネーターになるための方法と仕事内容、やりがいなどについて

インテリアに関連したさまざまな仕事の中で、一般的な認知度が高いのがインテリアコーディネーターです。インテリアが好きな人にとっては、「好きなことを仕事にする」という希望を叶えるために合格することを目標にする資格でもあります。

とはいえ、インテリアコーディネーターとはどういう職業なのか、どうすればなれるのかについてはよく分からないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、インテリアコーディネーターになるための方法と仕事内容、やりがいについて紹介します。

目次

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは、住宅を中心とした空間のインテリアを計画し、よりよいインテリアになるようアドバイスを行う専門家を指します。

室内の内装や家具、住宅設備、照明器具、ファブリックなどのインテリアについて幅広い商品知識を持っていることが重要です。また空間の用途や広さ、明るさなどを踏まえてインテリア計画プランをつくると同時に、商品の選択についてアドバイスする仕事を行う人がインテリアコーディネーターです。

インテリアコーディネーターは、コーディネーターという言葉が付いていることからも分かるように、「こんなインテリアの部屋にしたい」という顧客の要望をかなえることを前提に計画や提案を行わなければいけません。自分好みの空間をつくるのではなく、顧客の要望に自分なりのセンスを加えて形にしていくことが求められます。

インテリアコーディネーターの仕事内容

空間のインテリアを考え形にしていくインテリアコーディネーターの仕事は、知られているようで実は知られていない部分も数多くあります。インテリアコーディネーターが実際にどのような仕事をしているのか、具体的に見ていきましょう。

多岐にわたる業務の対象

インテリアコーディネーターの業務の対象は住宅が中心ですが、オフィスや店舗、商業施設、医療施設など多岐にわたります。

設計者が内装や住宅設備の設計を担当する場合、対象物件のインテリアの仕様があらかじめ決められますから、インテリアコーディネーターは仕様の中から顧客がスムーズに選択できるようアドバイスする業務が中心で、ゼロからの提案業務はほとんど発生しません。新築の分譲マンションやオフィスなどはこのパターンが多いです。

インテリアコーディネーターが内装や住宅設備の提案を行う場合、工事予算とのバランスを見つつ一から計画していくことになります。新築の注文住宅やリフォーム、リノベーションなどはこのパターンが多いです。

仕事をする上で必要な知識

インテリアコーディネーターにはさまざまな知識が求められます。

インテリアの知識は必須として、あわせて求められるのが建物の構造に関する知識です。たとえば棚や造作家具を設置したい場合に、どれくらいの強度の壁下地や床補強が必要かは建物の構造によって異なります。建物の構造を知っていないと施工可能なインテリアの提案はできません。

さらに電気配線や給排水配管といった知識も必要です。照明器具やスイッチ、コンセントの位置はその空間の使い勝手を大きく左右するものなので、インテリアの計画とは切っても切り離せません。また、キッチンや浴室などの水まわり設備は給湯器なども含めて配置計画を立てることも少なくありませんから、基礎的な知識は持っておきたいですね。

広がる働き方のスタイル

これまでは、インテリアコーディネーターとして働くにはハウスメーカーや工務店といった建築関連企業に正社員として就職するのが一般的でした。しかし近年は働き方が多様化しています。

インテリアコーディネーターは女性が多いこともあり、正社員ではなくパート社員として働いている人は少なくありません。打ち合わせが多い土日を中心に出勤し、打ち合わせが少ない平日2~3日は休むといった勤務形態でも業務は進められます。

ある程度実務経験を積んできたら、フリーランスとして独立するというケースもあります。今まで所属していたハウスメーカーや工務店と提携し、業務委託形式で仕事をこなすこともあれば、自分で営業を行って新規の仕事を行うこともあります。

インテリアコーディネーターになるには?

さまざまなインテリアアイテムを使って空間のインテリアをつくり出すインテリアコーディネーターに憧れて、将来なることをめざしている人は多いでしょう。インテリアコーディネーターになるための方法について紹介します。

インテリアの基礎知識をつけよう

インテリアコーディネーターはインテリアに関する専門家ですから、インテリアについて基礎知識をつけておくことは仕事をする上で必須です。「インテリアが好き」という立場から一段ステップアップして、プロとしてインテリアの提案ができるよう正しい知識をつけておかなければいけません。

たとえばソファひとつ取っても、張地の素材やサイズやフォルムといった商品情報からどういった人や空間に合うのかを判断することもあれば、顧客の要望からぴったりくるソファを探して提案することもあります。単に商品知識が深ければいいのではなく、顧客の要望をかなえる提案に生かせるような知識を養っていくことは欠かせないと言えるでしょう。

インテリアコーディネーターの試験合格をめざそう

インテリアコーディネーターになるにはさまざまなアプローチがありますが、もっとも確実で効果的な方法はインテリアコーディネーター試験に合格する方法です。

ハウスメーカーや工務店などに就職し、設計やコーディネートの部門に配属されてインテリアコーディネートに携われるケースもありますが、このケースは高校や大学で建築関連のコースに通っていたなどインテリアに関する基礎ができていることが条件であることがほとんどです。

インテリアに関する仕事が未経験だけれどインテリアコーディネーターになりたいという人の場合は、インテリアに関する知識や提案力があることを客観的に認めてもらえるインテリアコーディネーター試験に挑戦し、合格する方法が近道でしょう。

就職・転職活動をしよう

インテリアコーディネーター試験は年々レベルが上がってきていると言われており、未経験者が一度で合格するのは難しいとされています。しかし逆に考えれば、試験に合格したことでたとえ実務経験がなくてもインテリアに関する基礎知識を持っているとアピールできるわけですから、大きな強みになると言えます。

試験に合格したら、インテリアコーディネーター登録の手続きをすぐに行い、インテリアコーディネーター登録番号を受けておきましょう。就職や転職がしたい人だけでなく、育児や転職などでキャリアが中断し、インテリア業界に再就職したい人にとっても履歴書に書けるので有利になり、インテリアコーディネーターになる夢を実現できる可能性が高まります。

インテリアコーディネーターのやりがい

インテリアコーディネーターは業務が多岐にわたるため、イメージよりも細かい作業が多く大変な面はありますが、やりがいも大きい仕事です。インテリアコーディネーターのやりがいについて、特にお伝えしておきたい2点を紹介しましょう。

顧客に満足してもらえる提案をする

インテリアコーディネーターは、既製品やオーダー品を組み合わせて自分がいいと思う空間を自由に演出していくデザイナーとは違って、顧客の要望に沿って空間のインテリアをつくりあげていきます。つまり、自分の好みや感性よりも顧客の要望を優先することが求められます。そのため顧客へのヒアリングで把握したさまざまな要望のひとつひとつをクリアしているのはもちろんですが、それだけにとどまらずプラスαの提案をして顧客にさらに喜んでもらえると、「やっていてよかった」と思うものです。

顧客の要望を踏まえたプラスαの提案は、知識だけでなくさまざまな経験を積んできたからこそできること。つまり、インテリアコーディネーターは仕事をしていけばいくほど経験が豊かになり、提案の引き出しが増えていきます。

それによって、顧客をいい意味で驚かせる提案ができるようになり、さらに顧客が喜ぶという好循環が生まれやすくなってやりがいも大きくなります。

プランニングしたことを形にする

インテリアコーディネーターの仕事は、インテリア計画や提案、顧客とショールームなどで色やデザインの確認を行う作業を含めた打ち合わせといったものだけでなく、発注したインテリア商品を間違いなく納品し現場のコーディネートを完成させてはじめて完了します。図面やプレゼンテーション資料のプランを現実の空間につくりあげることが最大の仕事であり、それによって顧客の要望に沿っているか、過ごしやすい空間になっているかが評価の対象となります。

コーディネートした空間が実際に出来上がると、空間には彩りが生まれます。たとえ担当したコーディネートが一部であっても、「このアイテムを選んだことで見違えるようになった」といったことは少なくありません。

コーディネートした空間が実際に出来上がると、空間には彩りが生まれます。たとえ担当したコーディネートが一部であっても、「このアイテムを選んだことで見違えるようになった」といったことは少なくありません。

インテリアが好きな人にとっては憧れの職業であるインテリアコーディネーター。インテリアの魅力を最大限に生かした空間をつくり出す仕事をしたい人は、ぜひインテリアコーディネーターをめざしてみてください。