行政書士に合計1200時間で合格!カリキュラムに従ったのが勝因

行政書士に合計1200時間で合格!カリキュラムに従ったのが勝因

性別女性
年代30代
試験年度2017年(29年度)
エリア福岡県
勉強時間900時間
勉強期間7ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数3回目
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
先ずは御社のお陰で無事に合格できました事、大変感謝しております。
誠にありがとうございました。
お恥ずかしながら学生の時分は勉学に励まず、社会人となりいざ勉強を始めようと思っても手法等の見当がつきませんでした。
そんな状況ですからフォーサイトさんの「徹底して合格点を取る為の学習に絞る」という方針を無駄がなく頼もしいと感じ、
ご提示いただいたカリキュラムに素直に従った事で無事に合格できたと考えております。
私の場合は半年間弱という決して充分とは言えない学習期間でしたし、勉強そのものについて自分なりのノウハウを持たなかった事もあり、
最後まで自信は持てませんでしたが、何とか結果を出す事ができました。
学習中は少しずつでも合格への手応えを確かにしていく事がモチベーションや継続力にとって重要な事だと思いますが、
私は結局、確固たる自信を持てないまま発表の日を迎え、よく最後までペースを維持できたなと他人事の様に振り返っている次第です。
何しろ模擬試験の結果が良かった時でも、本試験の自己採点が合格基準点を遥かに上回っていた時でさえも自信が持てませんでしたので、
学習期間中はとにかく少しでも勉強時間を増やす事で不安を払拭する日々でした。
時間の確保には非常に苦慮しましたが、費やした時間は裏切らないと信じてトータル1,200時間、
平日も休日も自由になる時間は殆どずっと勉強していた事になります。
今思うと福澤先生もご推奨の通り、定期的にご褒美を与えたりもう少し自分に優しくしてあげても合格できたかもしれないのですが、
自信を持てない中で加減をする事は難しかった為、不合格だった時でも後悔しない程に手を尽くす、
という方針を掲げて長時間の学習に励みました。
これから受講される方で勉強そのものに不慣れな方は、私の様な例があるという事で少し安心して頂けるのではないでしょうか。
様々な事を犠牲にして得た合格が、今後の自分にとって、より良い人生のスタートである事を信じて今これを書いています。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る