行政書士の勉強を1日2時間以上できるようになったのは夏休み後でした

行政書士の勉強を1日2時間以上できるようになったのは夏休み後でした

性別女性
年代40代
試験年度2017年(29年度)
エリア静岡県
勉強時間700時間
勉強期間1年間
職業パート・アルバイト,主婦
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
子供が自宅にいる間は子供の学校に合わせて働ける環境をと思って始めた学校給食のパートですが、女性の職場とのイメージが強い職種にも関わらず体力&腕力が相当必要な職場でした。それでも夏休みなど長期休暇もあり子供とほとんど同じ休みが取れるのが魅力でとどまっていました。しかし、年々体力に自身も無くなってきて10年後同じ仕事ができるか不安になりました。
そんな中、末っ子の大学受験に合わせ受験を決意したものの、父が倒れた事が重なり2017年度受験は諦めようかと勉強から3カ月ほど離れてしまいました。父の手術も上手くいき、末っ子も無事大学に進学した4月勉強を再開したものの、40代後半の頭は今までの学習成果を一つも残しておらずびっくりしました。
しかし、子供が家にいなくなった事で仕事から帰ってきても時間はあります。体力勝負の仕事はいつまで続けられるか不安もあり、やはり頑張ってみようと。平日は体力を使う仕事のため机に向かうと居眠りばかりではありましたが、毎日机に向かうこと、少しずつでもやらないよりはやった方がましだ、と自分に言い聞かせて机にむかいました。平日は1時間勉強出来れば上出来な日、休みの日も主婦は意外とやる事があり3時間ぐらい、当然のことながら他の教材に目を向ける余裕など無く、満点ではなく合格を目指しました。
しかし幸いにも夏休みは仕事も休みなこともあり、毎日勉強に時間をとる事が出来ました。そのせいか、夏休み後は平日も2時間以上、休みの日も5、6時間勉強するようになりました。やっと勉強する習慣がついたという事だったのだと思います。
毎日机に向かうというのは時に苦痛でもあり、遅ればせながら子供たちは大学受験のために朝から晩まで勉強していて頑張っていたんだなあと身にしみて理解したのでした。

試験当日は想像以上に緊張もあり、予想時間配分も全くその通りに出来ず、正直合格はあきらめていました。
合格点ギリギリでの合格との圧着ハガキが届いた時には本当に嬉しく思いました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る