行政書士の講義はまるでマンツーマン!わかりやすいので努力できた

性別男性
年代50代
試験年度2018年(30年度)
エリア山形県
勉強時間900時間
勉強期間10ヶ月間
職業自営業・会社経営
勉強法過去問,模試
商品テキスト,道場破り
受験回数4回目
試験科目民法,行政法
学習スタイル独学
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
[漠然では受からない]

どんな資格試験でも共通しているのは「受かりたい!受からなければならない!」という強い意志がなければ受からないということです。

もっとも一部の天才は除きますが…



[私の場合]

自営業ではありますが、毎日が肉体労働、夜は寝る前まで飲酒が楽しみ…

こんな人生は、いつもどこか虚しさを感じていました。

中卒程度の学歴にはハンディキャップを感じていました。

これを私は、起爆剤にしました。

酒をおさえたら時間が作れるはず……

でも簡単ではありませんてした。

仕事の付き合いもありまし、なによりも酒が好きです。

どうしても独学では自分に甘くなりますし、効率とモチベーションが保てませんでした。

そんなときに出会ったフォーサイト教材は、単なる通信教育商材ではなく、マンツーマンの家庭教師と同等だと思いました。いつでも異な顔せずに講義をしてくれる都合のいい先生です。

正直、これを最大限こなせなければ何をやってもダメだろうと思い、食らいつきました。(でも、わかりやすさがなければ投げ出していたかもしれませんね……)



[資格試験の王道]

誰でも、当たり前にやること

1 テキスト講義→2 過去問→3 テキスト講義→4 過去問→5 テキスト講義→6 過去問………この繰り返しです。これしかありません。

そして隙間時間は、道場破りの過去問をプラス。

私の場合は、直前期に公務員スーパー過去問の行政法と民法、模試は貪欲にやったことを申し添えます。特に模試で合格点以上をとることが自信につながりました。

簡単なことでしょう!



[最後に]

笑いたかったら、血が知識で一杯になるくらいに頑張ることてす。

京セラ会長の言葉ですが「切ったら努力の血が出る位に頑張れ」ですね。

私は、今度は社労士にチャレンジします。社労士の知識の血が出るかは、自分の努力次第です。

夢を現実し、社会貢献出来る資格者でありたいと思います。

自分の努力を支えてくれた、福澤講師とスタッフに感謝申し上げます

ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る