転職のため行政書士の受験決意。2回不合格もフォーサイトで3回目に合格

性別男性
年代30代
試験年度2018年(30年度)
エリア大阪府
勉強時間1000時間
勉強期間10ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
商品DVD,道場破り
受験回数5回目
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私が、行政書士の仕事に関心を持ったきっかけは、近い将来、家庭の都合で地元へ帰らなければならない可能性が出てきたときです。当時30代後半だった私は、今勤めている会社を辞めて、また地元で新しい仕事に就くには、年齢がネックになり、なかなか転職活動がスムーズに進なまいだろうと思っていました。そこで、何か自分にアピールできるものが必要と思い、色々な資格を調べた結果、独立もできる行政書士の仕事に関心を持つようになりました。

 思い立ったが吉日とばかりに、すぐに、ある通信教育で行政書士の勉強を始めました。結果1年目不合格。それでも、その通信教育を信じ2年目も継続して、結果不合格。3年目はさすがに別の通信教育で頑張ろうと思い、色々探した結果、ネット上でも最も高評価だったフォーサイトに行き着きました。

 教材が届いたらすぐに、道場破りで学習計画を立てて、それに沿って学習を進めて行きました。

 平日は、帰宅後少なくとも2時間勉強するようにして、土日祝は6時間を目標に勉強しました。とはいっても、なかなか勉強時間を確保するのが難しいこともあります。そんなときに役立ったのが、確認テストです。通勤時、あるときは寝る前ベッドの中で、あるときは美容院の待ち時間等、あらゆる隙間時間に活用することにより、今日は全く勉強できなかったという罪悪感が多少なりとも和らぎました。

また福澤先生のブログもモチベーションを保つ上で役立ちました。本試験で役立つ知識だけでなく、行政書士になった後役立つことも書いてあり、俄然やる気が出てきました。

 また通信というと、孤独に1人で勉強するといったイメージだったのですが(実際私が1・2年目に使っていたものはそうでした)、フォーサイトはDVDで、福澤先生の講義をLIVEで聴いているような臨場感がありました。

 そして、試験当日、意外と落ちついていた私でしたが、いざ試験が始まると、思わぬアクシデントが…。となりの席の人が、問題文を読むときに鉛筆で用紙をなぞる音が私の神経を逆なでするのです。普段なら気にならないような小さな音なのかもしれませんが、試験という特別な雰囲気の中では、それが何十倍にも煩わしく感じるものです。一度はそれに集中力を奪われてしまい、途中あきらめかけてしまったのですが、今までの努力を無駄にしていいのか!と自分に問いかけ、気持ちを新たにして、問題に向き合いました。

 そして試験終了の号令。今年もダメかなと思いながら、帰って自己採点すると記述なしで170点!さすがに記述問題10点はあるだろうという思いと、もしかすると、マークミスがたくさんあるかもしれないという思いが一度に押し寄せてきました。それから合格発表までの2ヶ月半は気が気でなかったですが、来る1月30日、HPで合格者番号を確認すると、自分の番号を発見!思わず、大人気なく家族に大はしゃぎで報告しました。そして翌日郵送されてきた通知には、なんと210点!正直、合格点ギリギリかな思っていたので、驚きました。

 これも全て、フォーサイトを信じて勉強してきたおかげだと信じています。

 これから、行政書士試験を受けられる皆さんも、ぜひフォーサイトと自分を信じてください。

 良い結果を得られることを心より願っております。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る