経理の仕事に使える資格2選

経理を目指している方におすすめ資格

経理の仕事をしたい、経理としてキャリアアップしたいとお考えでしょうか?
業務内容に関係なく、どのような企業・会社でも、欠くことのできない重要な部門が経理です。

ビジネス上の複雑な金銭の仕組みを理解し、的確に処理する知識や技能を身に付けている人材は、景気や社会情勢などに影響されることなく、さまざまな企業の経理部門で常に求められています。
そこで、経理の仕事をしたい・キャリアアップをしたい・転職したい方などに向けて、ライバルに差を付けるために取得したい資格である簿記とFP(ファイナンシャルプランナー)をご紹介しましょう。

経理とは…経理の仕事内容とは

そもそも経理とは、具体的にはどのような仕事をするのでしょうか? 経理は、簡単にいうと会社に出入りする多額のお金を管理する仕事です。
具体的には、日々の売り上げ・仕入れ管理や、社員の給料・保険・税金の計算、そして財務諸表などの作成を行います。

さらに、毎日の業務のほかにも毎月決まったサイクルで行う月次業務や、会社の規模に関わらず必ず行わなければならない決算の取りまとめなど年次業務などがあります。
経理は会計・税務と混同されることも多いのですが、以下の違いがあります。

  • 会計:お金の出入りを記録・管理する業務の全般を指し、財務会計管理会計があります。経理は、会計の中に含まれる特定の業務を指します。
  • 財務:経理が作成した財務諸表などをベースに、銀行から資金調達をしたりM&Aや投資を行ったりして会社の資金運用をします。

企業の規模によっては、経理が会計・財務を兼ねることもあります。いずれにしても、経理として働くためには、企業会計などに対する知識と深い理解はもちろんのこと、計画性・正確さ・実行力・パソコンスキルなどが必要です。さらに、経理は社内のいろいろな部門の人と接することも多いため、対人間関係力などが求められます。

経理におすすめの資格「簿記」

正式名称 日商簿記検定
資格種類 公的資格
分野 会計・財務
認定団体 日本商工会議所,各地商工会議所
試験形式 筆記
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍に関係なく受験可能
試験日 簿記2・3級:2月・6月・11月の年3回
受験料 簿記3級:2,850円
簿記2級:4,720円
簿記1級:7,850円
受験者数(2021年2月) 1級 6,351人
2級 35,898人
3級 59,747人
合格者数(2021年2月) 1級 502人
2級 3,091人
3級 40,129人
合格率(2021年2月) 1級 7.9%
2級 8.6%
3級 67.2%
フォーサイト合格率(2021年2月) 69.7%
偏差値 2級:58
3級:47
簿記の詳細情報

簿記がおすすめの理由

企業会計の基本である簿記の知識は、経理で仕事をするうえで、絶対に必要といっても過言ではありません。
経理は、日次業務・月次業務・四半期業務・年次業務・随時業務などやることがたくさんあります。そして、それらは、簿記を理解していないと手を付けられないものがたくさんあるのです。

ほかにも簿記が分からなくてもできそうな仕事はあるものの、基本は簿記知識の応用になっています。もちろん、絶対に簿記資格がなければ、経理として就職・転職できない……というわけではありませんが、知識を有する即戦力の証である簿記資格取得者のほうが有利です。

簿記は、経理の基本となるだけでなく、経営や営業でも役立つためにあらゆるビジネスマンに必要なスキルといわれています。そのために、最近では企業が新人研修で簿記を学ばせ、資格取得を推奨するケースも増えているのです。企業の経理部門へ就職や転職をする際は、事前に日商簿記2級以上の取得を目指しましょう。

というのは、財務諸表を解読する力・会計知識・経営管理の基礎知識を身に付けている人材としてみなされるため、たとえ、経理部門で長年勤務した経験がなくても、採用してもらえる確率が高くなるのです。

簿記が経理に向いているわけ

現在、経理部門で働いている人は、簿記2級以上の資格を取得すれば社内でのキャリアアップにつながるでしょう。さらに、簿記だけではなく、税理士・中小企業診断士など経営に関する資格や、FP(ファイナンシャルプランナー)などお金に関する資格など、簿記と相性のいい資格を取得し自分の武器を強化する人もいます。

また、取得した資格を武器に実務経験を積めば、転職の際にかなり優遇されることと思われます。簿記1級になると、企業会計を踏まえ経営管理や経営分析を行えるレベルと認められるため、有能で貴重な人材として優遇されるでしょう。転職の際は、大企業の経理部門、会計・税理士事務所、金融関係や商社、サービス業やコンサルティング会社など活躍の場が広がります。

経理におすすめの資格「FP」

正式名称 ファイナンシャル・プランニング技能士
資格種類 国家資格
分野 金融
認定団体 厚生労働省
試験形式 筆記、マークシート、口頭、面接
受験資格 FP3級:誰でも受験可能

FP2級:以下のいずれかに該当する人
1)3級FP技能検定の合格者
2)FP業務の2年以上の実務経験者
3)厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
4)日本FP協会認定の「AFP認定研修」を終了した人

FP1級:以下のいずれかに該当する人
1)1級学科試験の合格者
2)CFP資格審査試験の合格者
3)CFP認定者
試験日 FP2級〜3級の試験日:年に3回(5月・9月・1月)に実施
FP1級の実技試験日:年に3回(2・6・10月)実施
受験料 FP3級
学科:3,000円
実技(個人資産相談業務):3,000円
実技(保険顧客資産相談業務):3,000円

FP2級
学科:4,200円
実技(個人資産相談業務):4,500円
実技(保険顧客資産相談業務):4,500円

FP1級
学科:8,900円
実技(資産相談業務):25,000円
※各非課税
受験者数(2021年5月) 2級 学科試験 26,799人 実技試験 20,608人
合格者数(2021年5月) 2級 学科試験 14,902人 実技試験 13,739人
合格率 FP3級:学科試験83.25%、実技試験76.65%
FP2級:学科試験55.61%、実技試験66.67%
FP1級:-
フォーサイト合格率(2021年5月 FP2級) 92.8%
偏差値 38〜57
ファイナンシャルプランナー・FPについて詳しくはこちら

FP資格がおすすめの理由

FP(ファイナンシャルプランナー)は、簡単に言うと、はば広いジャンルのお金に関する専門家です。FPは、お客さまの収支・負債・資産などのデータを分析し、ライフプラン(経済面の人生設計)の目標を実現するために、将来の資金計画を立てたりアドバイスやサポートを行ったりするのが仕事です。

FPは、家計管理・税制・不動産・保険・年金・社会保険制度などの知識を備えたプロです。そのため、近年では大企業や保険・金融などの業界では、FP資格の重要性を理解し有資格者を求めている企業も増えたため、キャリアアップ・就職・転職に有利になります。

また、FP資格取得のために得た知識は、企業の経理・財務部門で資金計画策定・資金調達などをする際にも役立つのです。それらの仕事を社外の専門家に依頼する際にも、より正確な自社の情報を先方に提供することができます。

FP資格には、国家資格であるFP技能士と、民間資格であるAFP(2級FP技能士とほぼ同じ水準)、CFP(1級FP技能士とほぼ同じ水準)があり、初めて取得する場合はFP技能士がおすすめです。

FPが経理に向いているわけ

企業の経理・財務部門で働く場合、簿記とFP資格を併せ持っている人材は、企業経営から個人資産に関することまではば広いジャンルのお金に関する知識を有している即戦力として歓迎されるでしょう。また、国家資格であるFP資格(FP技能士/日本FP協会)は、一度取得しておけば一生有効です。

金融・財務・会計などに詳しい専門家として、経理などお金に関わる部門でキャリアアップをする・転職をするなどのときには、強い味方になってくれると思われます。

FPの知識は、企業における資産計画の策定や資金調達などにも役立つため、税理士や会計士との折衝など財務に関わる部門を担当することもあります。
さらに、銀行・保険・証券・不動産などの業界で働く場合は、FP2級以上のレベルを保有していると、就職や転職で有利になるでしょう。FP資格を持っていると、自分の資産を管理・分析・見直しもできるので、プライベートにもそのスキルが活用できるのもメリットです。

まとめ

経理の仕事をしたい、経理部門でよりキャリアアップをしたいと考えている人にとって、強い味方となってくれる資格、簿記とFPについてご紹介しました。いずれにしても、キャリアアップ・転職・就職に役立てるためには、2級取得がおすすめです。

簿記2級を取得していれば、経理に関する即戦力となる力の持ち主として、FP2級を取得していればお金に関するはば広い知識の持ち主の証しとなり、会社の経理・財務部門などでその知識を活かすことができます。そして、使える人材という高い評価を得ることもできるでしょう。