資格取得のメリットは?その意義や正しい準備などを紹介

仕事によっては資格が必要です。この取得によって、進めやすくなる業務もあります。しかし実際に出世したくても、資格取得が本当によいのかわからない方もいるでしょう。

実際に資格取得で人生を変える人もいます。だからこそ正しい準備や意義を学べば、資格の価値がわかるのです。

今回は資格取得を迷う方のために、そのメリットや準備などをまとめました。これをきっかけに、資格の意義を考えてみましょう。

資格取得の意義

まずは資格取得の意義を紹介します。必要な知識の証明として目指す人もいるでしょう。業務上必要という理由で目指す場合もあります。また転職や独立開業といったキャリアメイクのために、資格を求める人もいるようです。資格を取る意味について、以下で3つ紹介します。

必要知識の証明

資格取得により、必要知識を証明できます。特定職種における未経験者は、知識の証拠が頼りになるのです。以上から資格を取ることで、社会的ステータスの上昇や、業務の幅の広がりなどを見込めます。

たとえばIT業界で働くときは、同じ未経験でも資格がある方が優遇されるでしょう。ITパスポート資格があれば、人材として重要視を受ける可能性があります。資格がきっかけで、仕事を手に入れられる人もいるのです。

このように資格で知識を証明できれば、企業の理解のうえ、求めていた業務に就けるかもしれません。

業務上の必要性

業務上必要であるために、資格を目指す人もいます。医師や看護師、行政書士など、そこでしかできない仕事をするために資格を要することもあるのです。やりたい仕事があっても、資格がないと先に進めないケースが見られます。

たとえば行政書士や社会保険労務士などには、仕事の一部に独占業務があります。これは特定の職業でなければできない仕事です。無資格では信頼性にも関わるため、資格を取ってからその仕事に就くことになります。

危険物取扱者についても、求人でその資格を要件とすることがあります。ガソリンのような爆発、火災のリスクがあるものを使うからです。無事に仕事をこなすために、安全につながる専門知識が欠かせません。このように資格が将来のキャリア形成に関わることもあります。

理想のキャリア構築

理想のキャリア構築のために、資格を目指す人もいます。収入増だけでなく、将来やりたいことのためです。将来のビジョン実現のために資格が必要なら、そこは避けて通れません。

たとえば転職や独立開業のために、資格を求めるケースもあります。金融業から不動産業へ転職するなら、宅地建物取引士の資格を取ることで、未経験でも知識をアピールできるのです。キャリアメイクに向けた努力をアピールする意味でも、資格は欠かせません。

理想のキャリアプランを考えているなら、それに応じた資格の必要性を考えてください。

資格取得のメリット

資格取得によって、さまざまなメリットを望めます。代表例がキャリアアップの可能性、業務の幅の拡大、特定求人への応募です。それぞれの詳細を見ていきましょう。

キャリアアップにつながる

資格取得によって、キャリアアップのきっかけをつかめます。将来やりたい仕事によっては、資格がないとうまくいきません。どうしてもやりたいことがあっても、その内容によっては資格が必要です。

たとえば行政書士としての独立開業を考えているとしましょう。まずは行政書士試験に合格しなければなりません。そこから行政書士事務所で一定期間経験を積み、独立開業へ向かうプランがあります。

以上のようにキャリアプランで資格が必要な場合は、それを取ることで道を開けます。

業務の幅が広がる

資格取得のおかげで、業務の幅が広がる可能性があります。試験のために得る知識は、仕事で大事だからです。合格によってスキルの証明ができれば、高度な業務もまかせてもらえるでしょう。

たとえば社会保険労務士事務所のスタッフが、社労士資格を取ったとします。この仕事には独占業務があるため、ステータスアップにつながるでしょう。スタッフ自身が社労士になり、書類作成代行のような仕事を務められる形です。

このように資格ひとつ取るだけで、仕事の幅が広がる人もいます。

さまざまな求人に応募しやすくなる

求人に応募しやすくなる可能性も、資格取得のメリットです。電気工事士や危険物取扱者のように、特定資格を要件とする求人があります。このような仕事をしたい場合は、まず資格試験の合格を目指さなければなりません。

たとえば不動産売買や仲介業者に関しても、宅地建物取引士を求めやすいといえます。売買や仲介事業をするとき、従業員5人あたり1人は宅建士が必要です。宅建士資格を取れば、そうした求人に応募しやすくなります。

このような背景から、将来の選択肢を広げる可能性としても、資格があるのです。

資格取得のデメリット

資格を目指すうえで、デメリットもあります。たとえば希望業種と無関係な資格は、努力の無駄になるでしょう。また企業によっては実務経験を重視するため、資格を取った努力が報われない可能性に気をつけてください。

加えて資格を目指す場合、仕事との両立が課題になります。ここでは3つのデメリットの詳細を見ていきましょう。

無関係な資格は努力の無駄になる

資格を目指すときは、希望業種とのミスマッチに気をつけてください。業務に関係ない資格をアピールしても、マイナス評価になるだけです。アピールの方法を間違えて、悪印象を出さないように気をつけてください。

履歴書に書くとき、性質の異なる資格を書きそろえると、マイナス評価のおそれがあります。たとえば食品加工業に応募するとき、宅地建物取引士の資格を書いたとします。この場合も、資格に合わない業種になぜ応募するのかと疑われるでしょう。

すでに資格を持っているなら、それに見合った業種への就職を目指してください。これから資格を取るなら、希望業種にふさわしいものを狙いましょう。

実務経験のある人材にかなわない可能性も

資格を取っても、実務経験のある人材にかなわない可能性があります。企業によっては資格に限らず、実務経験を重視するからです。この場合は採用が難しいといえます。資格を重視してもらえる企業へ、あらためて応募する必要があるでしょう。

もし実務経験が重視される企業だと、資格のアピールが無駄になるかもしれません。採用担当者は、その人が社風を意識しながら、職場に着てほしい人物像をイメージします。その過程で実務経験のある人を頼るかもしれません。

さらに税理士のように、試験合格だけでなく一定期間の特定実務経験を要する職業もあります。この場合は資格と実務の両方が条件です。仕事を探すなら、資格以外の要件の有無も確かめましょう。

働きながらではうまく勉強できない可能性

社会人の資格取得では、仕事との両立が課題です。仕事によって自分の時間が制限されるため、少ない時間を有効活用しなければなりません。仕事で疲れることもあるため、モチベーションの維持も課題です。

仕事にも勉強にも義務感がある点がネックです。仕事の疲れで勉強に身が入らない人もいます。また講座や教材などのために、コストをかけなければなりません。お金やモチベーションが持たず、挫折する人もいるでしょう。このように将来のビジョン実現には、強い決心を求められます。

資格取得の需要

世の中には多種多様な資格があり、種類によって社会的な需要が異なります。そこで高重要である資格の特徴や、その見つけ方などを紹介します。

特定業界における人気資格をチェック

資格取得を思い立ったら、特定業界の人気資格を確かめてください。ここで大切な基準は、業務上の必要性と、一定の受験者数です。以上の2つの条件を満たしていれば、高需要の可能性があります。

たとえばIT業界なら、ITパスポートで基礎知識を磨けます。基礎知識を問うものには受験者数も一定数いるため、社会的需要もあるでしょう。ほかにも不動産業界における宅地建物取引士のように、業種において有用な資格が見られる。宅建士は独占業務があるため、必要とする企業があります。

業界ごとに人気資格を確かめ、目指すべきものを見極めてください。

独占業務のある資格は高需要の可能性

基本的に独占業務のある資格は、需要に恵まれている可能性があります。独立開業後に相談者を増やせば、高収入につながるためです。ここから有意義な生活を送れる人もいるでしょう。

たとえば社会保険労務士には、助成金申請業務が独占業務にあたります。代表例が業務改善助成金です。ここでは職場内での最低賃金を引き上げる企業を、国がサポートします。このような労務環境に関わる手続きの代行は、社労士にしかできません。

以上から独占業務のある資格は、長期的な需要を見込めるでしょう。

マイナーすぎる資格は需要がない可能性

資格としてマイナーすぎると、需要がない可能性があります。就職案件が少数だと要注意です。趣味の域を出ず、知名度も低い資格でも、ビジネスで役に立ちません。

たとえば通訳案内士は、就職案件が少ないといえます。外国人に旅行関連のガイドをする仕事ですが、そこでしか活用できません。活用範囲が狭くて需要が限られる形です。

また整理収納アドバイザーや野菜ソムリエなどは、趣味の域を出ないので、仕事に結びつけるのが難しいといえます。このように資格によっては、ビジネスにうまく活かせないことに注意しましょう。

資格取得に向いている人

ここでは資格取得に向いているタイプを見ていきましょう。まずは勉強熱心であることが前提です。さらに資格取得後の明確なプランがありながら、その資格を持たない場合は目指すべきといえます。資格によっては、コミュニケーション能力がある人が有利でしょう。資格取得に向いた人間像について、以下で詳細を解説します。

勉強熱心である

資格取得に向いている人は、勉強熱心です。資格のための勉強は、社会人の段階で始めることが想定されます。本当に熱心な人は、仕事との両立をしながら、自発的に学習を進めるでしょう。

社会人になっても学習意欲の消えない人は、勉強もやりがいにできます。知らないことを丁寧に調べつつ、毎日知識を増やしていくことが向上心です。このように日々成長しようという意識が、資格への意欲にもつながります。

勉強熱心な人は、それを習慣化できるので、資格取得にも向いています。

資格取得後のアイデアがある

資格取得後のプランがあれば、合格に向かって努力できます。とくに資格を活かした独立開業では、経営や営業活動のノウハウが重要です。顧客獲得のために、独自のアイデアを考えてみましょう。

行政書士や社会保険労務士などは、独立開業で年収1000万円以上稼ぐ人もいます。しかし実際に開業してみると、直後は仕事がないこともあるでしょう。顧客を集めるにはホームページ作成やセミナー開催、専門家同士のネットワーク構築などの工夫が必要です。

そこで大切なのが創意工夫の力です。このスキルがあれば、効率的な勉強法によって合格に近づけます。独立開業後もマーケティングやネットワークの構築で、活路を見出すかもしれません。以上から創意工夫のアイデアを作れる人は、資格取得に向いています。

コミュニケーション能力がある

資格向きのタイプとして、コミュニケーションが得意な人間も挙げられます。業務時のやりとりを想像しながら、問題に答えていけるからです。常に人に寄り添う気持ちがあれば、相手のためになる知識を仕入れていけます。

資格を活かした仕事では、顧客とのコミュニケーションを求められるでしょう。相手のためになることを考えながら、問題の要点をつかむことが大切です。資格の勉強は孤独な作業のように見えますが、コミュニケーション能力で要点をつかめば、合格に近づけます。

資格取得をした方がよい人

ここでは資格取得に向かうべき人をまとめました。独占業務のある仕事を目指している場合、それに合った資格が必要です。また現状からのレベルアップや、キャリアの実践を考える人も、目当ての資格を取らなければ先に進めません。資格取得をすべきタイプを紹介します。

独占業務のある仕事を目指す人

独占業務のある仕事を目指すなら、それに見合った資格を目指しましょう。資格がなければ、関連業務の一部またはすべてができない仕事があります。こちらを求める場合は、資格が必要条件です。

独占業務のある仕事には、宅地建物取引士や行政書士、社会保険労務士などが挙げられます。無資格者がそうした業務をすると、違反に問われるのです。

厳密には有償独占業務なら、報酬をもらわない条件を受け入れればできます。一方で無償独占業務だと、無資格者は報酬の有無に関わらずその仕事に関われません。このような背景から、目指す仕事次第では資格を要します。

現状に納得できていない人

現状に納得ができない人も、資格を取るべきでしょう。希望業種を絞り、それに合った資格を取れば、高収入の可能性を得られます。誰かに相談しても変わらないなら、資格取得を検討してみましょう。

たとえば簿記資格を取るだけでも、特別な手当をもらえるかもしれません。独占業務のある仕事の資格を取り、そこへ転職を果たすことで、もとより年収が上がる人もいます。以上から現状を変えたいと思ったときは、資格勉強が選択肢です。

キャリアメイクで資格が必要と考える人

キャリアメイクの過程で資格が必要な場合もあります。これにはさまざまな目的が考えられます。独立開業や収入アップ、社会貢献などです。

たとえば誰かの相談に答え、助けてあげたいならコンサルティング系の資格を取ればよいでしょう。金融知識を問われるFP(ファイナンシャルプランナー)が、その代表例です。また社会保険労務士や中小企業診断士なら、法人の問題解決に貢献できます。このように理想のキャリア実現のため、資格が必要な人もいるのです。

資格取得に必要なもの

資格取得に必要なのは明確な目的や、相応のコスト、教材、そして勉強時間です。どれかひとつが欠けても、合格を目指せないでしょう。資格試験を目指すうえで、気をつけていただきたいポイントをまとめました。

明確な目的

資格取得には、明確な目的が必要です。取る理由だけでは充分ではありません。未来のビジョン実現に、資格を活かす方法を考えましょう。ここまで練れば、本当に必要な資格がわかり、その試験の攻略法を見出すモチベーションにもつながります。

人生計画の過程で取るべき資格があったら、その取得に力を入れてください。一方で勉強期間中も空き時間に応じて、成功への戦略を考えてもよいでしょう。資格取得の明確な目的があれば、一直線に合格を目指せます。

コスト

資格取得までには、コストもかかります。教材や通学講座、通信講座、受験料などで必要です。たとえば通学講座だと、自宅からの往復の交通費も計算しなければなりません。ただし短期集中なら、通う回数も少なく、交通費節約につながります。

一方で独学なら、講座代や交通費が不要です。ただし長期間のモチベーション維持が課題になります。仕事と勉強の両立が難しくて、あきらめてしまう可能性にも注意です。

資格によっては、費用を1万円以下に抑えて合格できる可能性もあります。通学・通信講座もサービス次第では、相場より安いかもしれません。この状態で、充実の授業を受けられる人もいます。いずれにしても資格試験を受けるなら、それまでにかかるコストを想定しましょう。

教材

資格試験に合格するには、教材も必要です。テキストや問題集、過去問などが当てはまります。通信講座なら、eラーニングのような学習ツールも使えるでしょう。

節約のコツは、テキストや問題集などを買いすぎないことです。一冊に対して何周も復習する方が、要点を覚えやすいといえます。何周もしているうちに、ページごとの情報を記憶できるからです。ここから資格試験の要点を多くつかめます。

教材のコスト計算も大切ですが、お金をかけすぎないことも考えましょう。

時間

資格取得には、一定の勉強時間が必要です。難関資格だと、1年でも不十分かもしれません。資格によって勉強時間が違うので、事前チェックが大切です。

たとえば独学の場合、ITパスポートなら約100時間で合格に近づけます。しかし社会保険労務士だと約800~1000時間が必要です。さらに司法書士だと約3000時間はかかるでしょう。

このように難易度の高い試験ほど、勉強時間がかかります。仕事や家事との両立も考え、適切なスケジュールを作ってください。

資格取得の注意点

資格取得の注意点を紹介します。資格によって評価を受けられない可能性に気をつけてください。続いて志望キャリアとの関連性を確かめましょう。資格がほしいときは、転職活動とセットで考えるべき場合もあります。資格を目指すときの心がまえを見ていきましょう。

資格によっては評価を受けられないものもある

資格によっては、評価を受けられない可能性に気をつけてください。希望業種に合っていないものは、履歴書に書いてもまず評価になりません。業務と無関係の資格をアピールしても、採用担当者に理解してもらえないでしょう。

また企業によっては、実務経験を優先する場合もあります。たとえばITエンジニアや製造技術職などでも、経験重視の人選が見られるのです。このケースでは、資格を補完的としか考えません。

資格は努力のアピールになるときがあります。しかし志望先次第ではそれが正しくない可能性に注意してください。

志望キャリアとの関連性を確認

資格と志望先のミスマッチを避けることが大切です。志望キャリアと資格の関連性を確かめてください。履歴書には、持っている資格をすべて書く必要はありません。志望先を見ながら、アピールしたい資格を絞り、履歴書に書けばよいのです。

たとえば経理職を希望する人は、日商簿記やFPが役に立ちます。どちらも2級以上が望ましいでしょう。簿記は経理に関わる知識が要点です。FPはお金の総合的な知識を問うので、経理への応用ができます。このように、やりたい仕事と資格の合致性が重要です。

資格取得は転職活動とセットで考える

資格を取るなら、転職活動とのセットで考えるべき場合があります。転職先によってはそれなしでも、うまくいくかもしれません。資格の必要性を考えるなら、まずは転職先の分析から始めてください。資格要件がなければ、それなしで仕事を手に入れる方が効率的です。

資格のための勉強には、長時間を要することがあるため、それを無駄で終わらせるわけにはいきません。そのためにも転職先で必要な資格の有無は、慎重に確かめたいところです。

社会人の効率的な資格取得には通信講座がおすすめ! その理由は?

社会人が資格を取るなら、通信講座を受けてみましょう。仕事をしながら資格取得を目指す場合、限られた時間での効率的な学習が大切です。通信講座はそれを実現できる可能性があります。その理由を、以下に3つまとめました。

仕事や家事などと両立しやすい

通信講座なら、仕事や家事などと両立しやすいといえます。通学せずして、学習を充実させられるからです。これがうまくいけば、プライベートの時間を有意義に使えます。

通信講座の利点は、24時間いつでもアクセスできることです。たとえば仕事から帰ってきた時間に、パソコンやスマートフォンからすぐにアクセスできます。スマートフォンなら、学習アプリも開けるでしょう。これらを使って、自分のペースで学習を進められます。

自分のペースで勉強ができれば、仕事や家事との両立もうまくいくでしょう。

テキストや教材を準備しやすい

テキストや教材を準備しやすいのも、通信講座の利点です。授業は動画で聞けますし、テキストはダウンロードでの入手になります。

通信講座でも、フルカラーテキストを使えるところがあります。この場合は目にやさしくて、要点を覚えやすいでしょう。通信講座次第では、コンテンツや教材に恵まれていて、学習に役立つ可能性があります。

繰り返し復習に役立つ

通信講座なら、繰り返し復習もスムーズです。授業動画や学習のアプリを使い、いつでも復習を進められます。

たとえば対面での講義だと、大切な情報を聞き逃すときがあるでしょう。気になる情報を知れないと、心がモヤモヤするかもしれません。一方で動画の授業なら、好きな場面から視聴できます。わからないポイントも、動画なら何度でも聞き直せるのです。

通信ならではの利便性を生かし、効率的な勉強を進めてください。

まとめ

資格取得のメリットは、特定の仕事に就いたり、キャリアアップを目指したりできることです。人生における成功のプランがあれば、資格取得で切り開けるでしょう。

ただし希望業種と資格のミスマッチがあると、資格取得が無駄な努力になってしまいます。そのため資格を取る前は、キャリアプランを考えましょう。そこで必要になった資格だけを目指すのが効率的です。

自分が将来やりたいことを慎重に考え、それに合わせて必要な資格を決めてください。キャリアプランがしっかりしていれば、資格は大きな武器になります。