社労士を受けるまでの1年間と試験当日の流れ

性別女性
年代20代
試験年度2013年(25年度)
エリア兵庫県
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
勉強を始めて一年、無事合格することができました!!

社会保険労務士に関して全く知らない状態だったため、勉強を始めた頃は本当にできるのかと半信半疑でした。ただフォーサイトの合格体験記をたくさん読み、「やってみよう!」と決心し、目標勉強時間を1000時間としてスタートしました。

とりあえずテキストを読みDVDを見て、を繰り返しました。勉強を始めたのは8月で、始めは一日2ー3時間を目標に勉強しました。その後、勉強に集中するために3月で退職し4月からは実家で毎日5時間~8時間勉強しました。

勉強中は「私にできるのか~」と何度も何度も自分に負けそうになりましたが、その度に「いや!絶対負けない」「自分自身に勝つぞ!」と決意を新たに頑張ってきました。

5月くらいからは問題集をやり続けました。問題集はもっと早くからやってもよかったかと思います。試験が近づくにつれ、緊張も増しましたが、最後まで、諦めず、直前対策などを中心に進めていきました。

模擬試験は本試験と同じ時間で実施しました。試験前日はすごく不安で一日中勉強していました(笑)


そしてついに、試験当日!!

朝から大雨で電車も止まりかけるという大事件!!それでも何とか試験開始までに試験会場に到着でき、受ける事ができました。当日は最終確認をゆっくりしようと思っていたのに、それどころではなく、慌てたままに試験が開始されるような状況でした。

しかも、問題が、全く解けない!!

あんなに勉強したのに確信をもてる選択肢が少ない少ない。少し諦めモードで、午後になりました。

午後は気持ちを入れ替えて取り組もうとわかりやすそうな問題からはじめ、残ったのは労災と社一。あまりにも、難しく、試験の半分くらいこの二つの科目に費やしました。とにかく読解力で解く!という感じで、本当に悲しくなりました。

何とか試験は終わり、家に帰った後、自己採点する気はおきず、少し放置していました。がフォーサイトからの自己採点用のメールが届き、目に入ってしまったために、仕方なく採点することに。

試験時の手応えのなさとは裏腹に、択一式は合格点に達していました。が、選択式はつまずいた労災、社一で救済待ちの状態に。試験から2ヶ月、本当に長かったです。

少しだけ諦めの気持ちもありました。でも信じて合格発表をみると、自分の受験番号が!!受験票を持つ手が震えました。涙がこぼれました。頑張ってよかった!本当に心から思いました。

自分で決めた事を達成できる喜びを始めて感じる事ができました。そして、この合格は支えてくれた家族や友人がいたから、できたものであり、感謝の気持ちでいっぱいです!!

これから新たなスタートを切ります。社会保険労務士として応援して下さった方に恩返しのできる、人の役に立てる人になりたいと思います。フォーサイトの教材を信じてやってきて本当によかったです!ありがとうございました!!!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る