社労士試験で目標を超える920時間を勉強にささげた

社労士試験で目標を超える920時間を勉強にささげた

性別男性
年代30代
試験年度2014年(26年度)
エリア京都府
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
「人事のプロになる」という明確な個人ビジョンを設定し、その実現にむけて自分の柱を構築するため社会保険労務士試験に挑戦することを決めました。

試験合格の為にフォーサイトを選択した理由は2つありました。


1.音声付きの通信講座であること。

空いた時間をできる限り有効に活用したいと思っていたので、当初より通信講座以外は考えませんでした。

また、テキストだけの勉強では理解が進みづらいと考えた為、音声での講義は必須であるとも考えました。(私の場合、外出先で勉強することが多かったこともあり、CDはほとんど使用せず道場破りの学習リストを多用しました。)


2.コストパフォーマンスに優れていること。

サンプル資料で特に問題を感じず、すんなり勉強を続けられそうだと感じたので、教材の質を考えるとかなりお得に感じました。

勉強方法に関して、試験のちょうど1年前に勉強をスタートし、仕事や子供との時間を両立する必要もあったためコツコツと積み上げる勉強方法を選択しました。そして、できるだけ休まずに毎日勉強するという誓いを立てました。


勉強内容はフォーサイトのテキスト及び問題集の徹底反復。3周目位までは思いのほか定着が悪く少し焦りましたが、4周目以降に急速に定着度が上がったと感じています。最終的には6周しました。フォーサイトの教材以外では加藤講師執筆の横断整理と他の予備校の模擬試験を活用しました。

5月、6月、7月に計画的に模擬試験を入れてレベルの把握と課題の抽出ができたことはプラスであったと思います。

直前期に入るまでは1日に1~3時間、直前期は3~5時間、結果的に1年間1日も休まず、当初目標にしていた800時間を越える920時間の勉強時間を積み上げることができたことは試験に挑むに当たっての自信につながったと思います。

大学受験以降、最も真面目に勉強した1年間でしたが、努力が成果に結びつきホッとしました。合格できたから言えることかもしれませんが、努力は嘘をつかないって40手前のこの歳で実感できたことは大きな収穫だったと思います。

今はまだスタートラインに立つためのチケットを獲得したに過ぎない状況です。自己ビジョンの達成に向けて新たな挑戦のスタートを切りたいと思います。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る