社労士の勉強で設定した「週に◯時間」のノルマ

社労士の勉強で設定した「週に◯時間」のノルマ

性別女性
年代30代
試験年度2016年(28年度)
エリア東京都
勉強時間800時間
勉強期間8ヶ月間
職業自営業・会社経営
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
今年の1月、3人目の出産を前に、今後の仕事に役立てたいと、受験を決意しました。

産前産後で、外に出られない期間もあるので、最初から通信教育と決めており、資料請求をした時に一番丁寧で親身になってくれそう、と感じたフォーサイトにすぐ申し込みました。

まず、どういう試験でどういう勉強をすれば良いか、と想像もつかなかったので、全体的な概要をつかめ、スケジュールを決めたことで、8か月間の戦い方が見えたような気がします。

最初の頃は、なかなかまとまった時間を取るというのが難しかったのですが、時間ができた時に集中して取り組みました。教材として付いてきた手帳を活用し、週に◯時間は最低勉強する、と目標を決めて勉強を進めることができたので、うまくペース配分が出来たように思います。

中盤、点数が伸び悩み、弱点が次から次に発覚した時が一番苦しかったのですが、何度間違っても諦めず、自分を信じてとにかく前進!を心がけて乗り切りました。

この時期は、教材にたまに出てくコメントに何度もうなずきながら・・・励まされたことを良く覚えています。

範囲が非常に広いので、とても合格できないのでは?と諦めそうになりましたが、皆そういう道を通る、という体験記にも非常に助けられました。

試験直前は、平日は1日6時間、休日も夫に子ども達を連れ出してもらい、とにかく時間を作って、気合いで勉強しました。最初から、受験は今年1回だけ、のつもりだったため、合格以外ありえない!という気持ちで取り組んでいました。

この時期の、過去問を解いて、分からない点を潰していく・・・という繰り返しで、大きく点数力がアップしたと思います。

本番当日、久しぶりの受験で緊張しましたが、今まで頑張ってきた自分を信じて、長時間集中して挑めました。想像した以上に受験生が多く、こんなに人がいる中で果たして合格できるのか?という気持ちも芽生えましたが、とにかく自分との戦いだ、と言い聞かせながら、試験に取り組みました。

赤ちゃんは生後4カ月とまだ小さかったので、休憩時間に連れてきてもらい、大学構内のベンチで授乳して乗り切りました・・・初めてのケースかも・・・?笑

結果、見事一回で合格!自分自身で意思を持って合格できた喜びはもちろんのこと、子ども達もとっても喜んでくれて、それが嬉しかったです。

頑張って結果を出す、という姿を子ども達にも見せることができて、とっても良かったと思います。フォーサイトを信じて、とにかく言う通りに勉強をした結果だと思います。ありがとうございました!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る