落ち着かない試験前1週間は社労士のDVDを見て過ごした

性別女性
年代30代
試験年度2016年(28年度)
エリア愛知県
勉強時間1000時間
勉強期間11ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
今回初めての受験で合格することができました。これもフォーサイトと家族の協力のおかげだと思います。

私の場合、仕事と家事と子育てと勉強・・・毎日とにかく必死でやっていました。小学生の子供が二人いるので通学は出来なかったため通信で頑張ろうと取り掛かりましたが、正直ここまで大変とは思っていなかったです。

学習方法はとにかくフォーサイトのテキスト通りに進めていきました。本屋へ行ったりする時間もほとんどなかったのでとにかくフォーサイト、加藤先生を信じてやりきろう!!と進めていました。

他の受験生の情報が全くわからなかったので、時々不安になりましたが、道場破りの画面下に出る学習中の人数をみて、「1人じゃない、大丈夫」と思いながら毎日勉強していました。

実際の勉強はこちらの進み具合がわかっているかのように、ようやく1冊テキストが終わる・・・というタイミングで次のテキストが届き、少し追われる位のスピードでやっていったのも休憩を入れることなくつき進めたと思います。

ただ、この社労士の試験はなぜこの時期・・・8月の末というのは、きつかったです。ちょうど試験の1か月前の追い込み時期に小学生は夏休みです。夏休みの思い出づくりの旅行に宿題+昼食の準備・・・まだまだ親の手が必要なことが多く、なかなか大変でした。

それでも主人も子供たちも試験に理解をしてくれてリビングで勉強している私の為に8月からは夜8時以降はテレビ消そうねと決めて協力してくれ、家事も積極的に手伝ってくれました。本当に感謝です。

そんな家族の為にも1回で何とか合格しなければ!!絶対受かってやると心の中で強く思っていました。というか、これ以上は家族に申し訳なくて・・・

こんな環境の中の勉強時間の確保はなかなか難しく、朝はみんなが起きる前5時から朝食までの1時間半、
子供を送りだしてから仕事へ出る前の30分間、通勤時に車内でDVDを音声で聞き仕事が終わると夕食作りまでの時間机で勉強しそれからはスマホで道場破りを片手に揚げ物、炒め物をしていました。

夕食後もとにかく空き時間というよりは、やるべきこと以外の時間はすべて勉強していました。

学習期間の後半は寝ていても、過去問を解いている夢をみていました。眠りが浅くなってしまうので体調管理の為にもなるべく夜10時には寝るようにしました。

また試験前の1週間は、気持ちも落ち着かなかったので、試験の直前対策のDVDを何度もみて試験で焦らないようにしました。これが結構よかったと思います。

それに、試験会場で偶然にも斜め前の席の方がフォーサイトのテキストをもっているのが目に入り、なんとなく安心できたと思います。

試験中も、大丈夫、難しい問題はみんなも難しい・・とDVDの加藤先生のいろんなアドバイスを思い出し、おかげで落ち着いて全力を出し切ることができました。

今回、初めての受験、10か月の学習で合格できたのは、ひたすらフォーサイトのみ信じてやり続けたこと、そして加藤先生の言葉を何度も思い返し、気持ちを強く持つことが一番合格に直結したと思います。

本当にフォーサイトで良かったと思いますありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る