育児と家事の合間が社労士を勉強できる時間でした

育児と家事の合間が社労士を勉強できる時間でした

性別女性
年代20代
試験年度2017年(29年度)
エリア東京都
勉強時間1000時間
勉強期間11ヶ月間
職業無職
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
今回初めての受験で合格できました。

11月にスタートして最初は一日三時間を目指して勉強していましたが、あまりの広い範囲に焦る気持ちになり、途中から毎日5、6時間するようになりました。

昼間は子供たちのお世話と家事があるので、朝4時か5時に起きてからの時間と昼間子供が寝てるときの時間に毎日するようにしていました。

勉強方法は加藤先生の講義が好きだったので、DVDを何度も繰り返し聞きました。繰り返し聞くことでだんだん内容を理解することができ、暗記もすることができました。

また、電車の時間、外出したときの何かの待ち時間などに覚えることができるように単語カードは常に持ち歩きました。チェックテストや過去問も何度も繰り返し解き、フォーサイトが提供していたものはフルに活用しました。

直前になると他社の模試を何度か受けました。

そのときに時間配分と自分の実力を確認することができました。また問題を解くということになれるようにしました。私は何度か模試を解いていく過程において、一般常識の問題に対してとても不安を感じたので、他社の一般常識の講座にて知識を補いました。

また、選択式についても不安を感じたので選択式の問題集も何度も繰り返しました。そして一か月前から全科目に触れるようにして基本的なことを忘れないようにテキストを読み、過去問などの何度も間違える問題を復習するようにしました。

社労士の試験は覚える量が膨大なのでいろいろなものに手をつけるよりは同じものを何度も復習して繰り返すことが重要だと思います。

わからないところは一度とばして、何度も繰り返すことで理解できます。また、スキマ時間を利用して道場破りを大いに活用することで知識は備わってくると思います。

加藤先生のわかりやすい講義とどこにいても勉強することができるフォーサイトの道場破りのおかげで社労士という素晴らしい資格を一度で取得することができました。大変感謝しています。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る