社労の勉強申し込みから試験当日までを振り返る

性別男性
年代30代
試験年度2017年(29年度)
エリア群馬県
勉強時間1000時間
勉強期間9ヶ月間
職業転職(求職中)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私は前職で就業規則など見たこともありませんでした。

そのようななかで、有休はどれくらいあるのか、早出手当や休日出勤などの手当についてどうなっているのかまったく知らないままで働いておりました。

その様な中で、会社に対して不満を感じながら仕事していました。あることをきっかけに将来への不安を感じ転職を決意しました。

その様な時に社会保険労務士という資格があり興味を持ちました。

12月末にフォーサイトに申し込み3月いっぱいまでは働きながら、1日3時間を目安に勉強して参りました。4月からは会社を辞めて、1日10時間以上、主に近くの図書館に開館と同時に行って勉強してきました。

勉強方法としましては、まず最初は一科目ごとに一回読んでみました。最初はまったく言っている意味がわかりませんでした。

2回目以降は基礎講座を読んでから、過去問題講座を解きテキストを読み返しながら、理解する様に心がけました。私自身国民年金や厚生年金科目が苦手でなかなか理解に苦しみましたが、他のホームページや市販参考書を読んでみたものの書いてあることはさほど変わりがなかっただめ、フォーサイトの教材一本で勉強することに決めました。

労働に関する一般常識だけはテレビのニュースなども感心を持っておくことが大切だと思いました。私自身たまたまテレビのニュースで記憶していたことが、出題された為なんとか選択式で3点を死守することができました。

選択式の健康保険科目は基準点割れとなってしまいましたが、運良く救済が入って無事合格することができました。この問題はテキストに太字で書かれていたことだったので、赤や青で記入してあることでなく、太字もとても特に選択式では、重要であると思います。

試験本番では私自身は時間1分前のギリギリで終了した為ほぼ見直しができませんでした。もう少し模試などで時間配分を身につけたり、過去問を解く際にも、時間を計りながら勉強したほうが良かったと感じます。

時間ギリギリで間に合わないかもしれないという不安が試験中ありましたが、試験前最後の加藤先生からの動画で最後まで諦めるなと仰っていた言葉を思いだし、諦めることなく試験を終えることができました。そこで諦めていたら、合格はなかったと思います。

最後まで、自分の積み重ねてきたものを信じて自身を持って試験に臨めば結果が出は必ずついてくると思います。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る