社労士試験直前期は休んで一日勉強

性別女性
年代20代
試験年度2019年(令和1年度)
エリア愛知県
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
◆フォーサイトを選んだきっかけ
私は学習開始当時、アパレル関係の会社で正社員として勤務していましたが、将来的に長く続けられる仕事に転職を考え、その中で自分が興味を持って勉強したいと感じたのが社会保険労務士のお仕事でした。
調べていくうちに、独学での資格取得は難しいと考え、通信講座での学習を決めました。その中でもフォーサイトを選択したのは①資料請求後の対応がスピーディ②テキストがカラフルで見やすい③「道場破り」のアプリと連動して隙間時間も学習できるという点です。
資料請求時は一番モチベージョンがあがっていたときなので、迅速な対応に背中を押されました。テキストも他の通信講座と比較すると最もカラフルで自分に合っていると感じました。また、アプリと連動しているので通勤中に問題を解いたり、講義を聞き流したりと活用することができました。


◆学習を進めて
テキストはポイントごとに文字のサイズ、色で区別があるので見やすかったです。講義を一通り聞いた後に過去問に目を通すと、ほとんどがテキストに載っている知識で解けることがわかり、「このテキストを完璧に理解すれば合格できる!」と自信になりました。
労働関係の法律は太字の要点を前後の文脈と合わせてひたすら暗記。社会保障の法律は自分で説明ができるように理論を組み立て、自分なりにまとめる方法で進めました。私はシフト制の勤務だったこともあり決まった時間に学習するという習慣をつけることができなかったので、休日は10時間以上の勉強と、通勤の隙間時間を無駄にしないようにしました。また、試験の直前期にはお休みをいただき朝から晩まで勉強をすることで「これ以上の知識は頭に入らない!!」と、いうくらいに追い込むことができました。

◆試験を終えて
 学習開始当初からの私の目標は『一発合格』でした。
覚えては忘れの繰り返しで、モチベーションが下がるときもありましたが、テキストの間のコラムや講義のコーヒーブレイクに「しんどいのは自分だけではないんだ!」と励まされ、社会保険労務士になって活躍する自分の未来を想像し「今年受かる!!そのために今頑張る!!」と信念を持ち続けることができました。
合格という結果に満足せず、これから社会保険労務士として人々や企業の方々の力になれるよう精進してきたいと思います。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る