合格体験記 「正確な語彙を記憶することが、選択式では重要」

オールカラーテキストだと社労士の知識が画像で頭に残る

性別女性
年代20代
職業その他職業
今回3回目の受験でしたが今年に関しては前年11月頃から取り組み始めました。2月頃までは1日平均1時間程、間にブランクがあり、本格的に取り組んだのは5月末からで平均して最低3時間位は勉強していました。仕事がシフト制で出勤時間がまちまちなので、決まった時間に勉強することは出来ませんでしたが、仕事の前や終わってから、家にいるときは勉強をするようにしていました。勉強しかすることがない環境を意識的に作りたかったのでテレビは買いませんでした。まずさらりとテキストに目を通す。その後は主に過去問を中心に学習しました。わからない所はテキストに戻る。フォーサイトのテキストはオールカラーなので画像として頭に残りやすいです。「労基法の真ん中のあたりのページの上の方に書いてあったよな。。。」みたいな感じで勝手に覚えてしまっています。苦手なところこそ何度も同じページをみるので気づいたら得意分野に変わっているということが多々あります。私はCDコースを受講していたので、特に車移動の際は常に加藤先生の声を聞いていました(笑)机に向かってばかりだとモチベーションを維持し続けるのが困難なときもあるので気分転換にドライブがてらCDは聴くという方法はおすすめです。ただし、「あれ?今のどういうことだろ?」という点があればその日のうちにテキストと併せて聞き直すほうが良いです。すぐに確認しないとわからなかった点を忘れてしまうからです。一発合格を目指していましたが、3年しっかりかかりました。。。心折れそうな時も正直ありましたし、受験開始当初から、仕事も住居もあらゆることががらりと変わり不安にもなりました。ただ、受験日当日。試験が終わった後の開放感は経験した方しかわからないと思います。そして、それまで自分がどれだけこの試験の為に費やしてきたかで開放感の度合いも変わってきます。これから受験される皆様にも是非この感覚は味わって頂きたい。その為に、もうこれ以上出来ません!と自信を持って言えるくらい必死に勉強することをおすすめします。直前期はとにかく問題を解きます。何度も出る問題は試験でも本当にでます。私の場合過去2年とも選択式で足切りにあっていたので選択式の問題集も今年は活用しました。正確な語彙を記憶することが選択式では本当に重要です。加藤先生には本当にお世話になりました。とにかく質問に対する回答が的確で速いです。また、講師ブログも毎回読んでいてモチベーションを上げてくれました。本当に有難うございました!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る