社労士初受験。半年に少し足りない程度の勉強で合格

社労士初受験。半年に少し足りない程度の勉強で合格

性別男性
年代20代
職業その他職業
社会保険労務士試験は自己啓発として勉強を始め、今回が初受験でした。

フォーサイトを選んだ理由はテキストがカラーで見やすいこと、DVDやCDによって聴覚からも学習ができること、また、基本的事項をしっかり押さえて合格するというコンセプトが自分にマッチしていると思ったからです。

そして何より、充実した内容の割にリーズナブルであることが最大の決め手でした。

本格的に勉強を開始したのは試験本番まで半年を切った4月頃でした。勉強方法としては、定期的に送られてくるテキストを順々にこなしていきました。

テキストを一通り読んだ後、翌日、1週間後、1か月後といった具合に内容を復習するようにして記憶の定着を図るようにしていました。過去問は基本的に4周。何度も間違える問題はさらに反復練習を行いました。

勉強場所は自宅が中心でしたが、勉強時間を確保するため、通勤時間や昼休みなど自宅以外でもできる限り時間を捻出するよう努めました。また、新聞等で関係のある記事を気を付けて読むことで、テキストで学んだ知識と現実の出来事とをリンクさせてモチベーションを高めるようにしていました。

それでも試験本番3週間前に受けた模擬試験では半分以下の点数しかとれませんでした。その瞬間は今年の合格は無理かも…と悲観的になりましたが、反骨精神でそこから気持ちを切り替え、休日の友人からの誘い等をすべて断って、ひたすら勉強に励みました。

その結果、終わってみれば一発合格することができていました。設問を解く力は勉強時間と必ずしも比例して伸びるわけではなく、ある一定以上の知識や経験を積み重ねてから急激に伸びるといいます。

フォーサイトはテキストや過去問だけでなく、道場破りや暗記カード、メールマガジンなど、最後までやりきるためのツールや仕掛けが多く用意されており、とても助けられました。そうした力添えもあり、最後まであきらめずに勉強し続ける姿勢を保てたことが合格につながったと思います。

加藤講師をはじめスタッフの皆様には大変感謝しております。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る