社労士の基本問題を優先して勉強したのが勝因か

性別女性
年代30代
職業正社員(サラリーマン)
社会保険労務士の試験を受けようと思った時に、まず独学と通学については一切考えませんでした。

なぜなら出題範囲も広く、法改正も頻繁なこの試験においては日頃から試験対策についての分析や研究を行っているプロの力を利用して勉強するのが一番効率的だと思ったのと、仕事の帰りが遅く不規則な生活の私には自分のペースで勉強できる環境が一番合っていたからです。

フォーサイトさんに資料請求したところ、とても迅速で丁寧な対応をして頂き、またテキストも見やすく判りやすい内容だったので、すぐに申込みました。届いた教材をもとに本格的に勉強を始めたのは、1月からです。

勉強を始めてすぐに、この教材が本当に良く考えられたものであることが判り、この教材で落ちたら100%自分の勉強不足だなと思いました。

また、この教材を本当にきちんとやれば必ず一年目で受かると確信し、全面的にフォーサイトさんを信じて、勉強の仕方は合格手帳に書いてあることや戦略立案講座、直前期は合格カレンダーに書いてある通りにやるようにしました。

1月から4月頃までは平日は30分から3時間、休日は8時間ぐらい勉強しました。ただ、全く勉強しない日もありました。5月に入ってからも、平日の勉強時間は変わりませんでしたが、休日は10時間から16時間ぐらいは勉強していました。

勉強している時間のなかで、集中している時間はかなり短かったと思いますが、集中力がなくなったなと思っても、勉強するようにしました。そうでもしないと勉強時間が確保できなかったからです。

DVDを見て、テキストを読んでみて判らない時でもとにかく問題を解いてみるようにしました。

問題を解くことで、テキストの内容が理解できるようになるからです。テキストを読むことが苦手だったので、とにかく問題はたくさん解きました。何度も繰り返し解いていると、よく間違える問題がいくつか出てきます。そのような問題を集めて一つのファイルを作り、直前期はそれをひたすら正解するまで解き続けました。

また、加藤先生は基本が大事だとよくおっしゃっていたので、難しい問題より基本問題を繰り返すことに重点をおきました。結果、試験においても基本的な問題で間違えたと思うところは一つもなかったので、やり方は間違っていなかったと思いました。

フォーサイトさんの進める勉強方法とそれを忠実に実行した自分を信じて、本当に良かったと思います。やはり試験対策について研究を重ねているプロは凄いと思いましたし、私も合格したからにはプロとしての仕事をしていきたいと思いました。

直前期は不安や焦りが大きくなりますが、そんな時は合格体験記を良く読みました。私も試験直前までそれほど実力もなく毎日不安でした。

でも試験の日に一点でも多く取ろうとする気持ちだけは絶えず持ち続けました。これから受験される皆さん、一点に執着して下さい。それを積み重ねていった先に合格はあります。是非、頑張って下さい。
10おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る