【社会保険労務士・社労士の合格者の声】60代で社労士に合格!総勉強時間は1400~1600時間!

社会保険労務士・社労士通信講座合格者と講師の対談

人物

60代で社労士に合格!総勉強時間は1400~1600時間!

社会保険労務士 DVDコース(基礎+過去問+直前対策)
60代 

精密機器関連の大手企業に長年勤められ、定年退職のタイミングで社労士資格にチャレンジされました。早めに出社し、朝20分、昼休みに20分、通勤時間で往復50分の隙間時間を活用し、無理なく学習時間を確保されたそうです。
社労士試験の学習内容の中でも、年金分野が既に実生活に役立ったと話される杉浦さん。
役立った教材や、苦労した点についてお話を伺いました。

通信講座・フォーサイトを選んだ理由は何ですか?

会社勤めなので通学は不可能で、良心的な価格と口コミで評判の良いフォーサイトの通信講座に決めました。

定年を迎えるといっても仕事がありますので、仕事中に勉強するわけにはいかず、通学は不可能でした。
色々サイトを見た中で、フォーサイトは一番価格的に手が届きやすく、Web上の評判を聞いても意味のあるものだと感じました。

会社勤めなので通学は不可能で、良心的な価格と口コミで評判の良いフォーサイトの通信講座に決めました。

一番良かったものは何ですか?

やる気が低下したときに、副教材の学習20箇条は自分を鼓舞するのに役立ちました。

やる気が低下したときに、副教材の学習20箇条は自分を鼓舞するのに役立ちました。

わたしに一番役立ったものは、学習20箇条です。
教材の中身は、どの教材でも勉強する内容は変わらないと思います。
社労士の試験は、覚えるものがごまんとあって、とても覚えきれないと思いました。
自分のモチベーションとやる気を維持することに、一番苦労しました。
その中で、自分が面倒くさいからやりたくないなという気持ちのときに、学習20箇条が自分を鼓舞してくれました。
やる気がなくなったときに見ると、自分を叱咤激励できました。
あれが一番役立ちました。

試験までの勉強期間について

トータルで1年半学習しました。

通算で1年半です。
最初の半年で1回目の受験をしました。
半年の勉強では、まったく歯がたちませんでした。
そのあともう1年勉強をして合格しましたので、結果的に1年半です。

トータルで1年半学習しました。

苦労した点は何ですか?

5~6月の直前期に、学習の定着率の悪さを実感し、愕然としました。 「理を知り、数をかける」という武道の教えを教訓に、とにかく過去問の数をこなすよう心掛けました。

一番嫌になったのは、5月6月くらいです。
一通りから一通り半勉強が終わったとき、まったく覚えていないじゃないかと、愕然としました。
直近でやった年金関係は覚えていましたが、その前にやった労働関係がまったく頭に入っていなかったです。
見たらわかるのですが、試験で出題されると全く歯がたちませんでした。
とても焦ったのと、なんで自分はこんなにも記憶力が悪いのだろうと思いました。
結局1回目の試験はダメでしたが、2回目は半年やった結果、だいたい要領がわかってきました。
武道で使われることわざのようなもので「理を知り、数をかける」という教えがあるのですが、理論を理解した後は、とにかく数をこなすことで、自分の身体が無意識のうちに動くようにするという教えで、わたしはそれをやろうと思いました。
ひたすら問題集を解きまくって、2回目の受験の時だけでも、おそらく10数回過去問を解きました。
1回目の受験のときは全然時間が足りなかったのですが、2回目の受験のときは、回数を重ねた結果として、試験時間が20分も余りました。時計を見て、自分でも「まだ時間があるじゃないか!」と驚きました。
身体が勝手に反応して、問題のポイントがわかり、正解を導き出すという訓練の結果が出ました。

5~6月の直前期に、学習の定着率の悪さを実感し、愕然としました。
「理を知り、数をかける」という武道の教えを教訓に、とにかく過去問の数をこなすよう心掛けました。

ダブルライセンスについて

会社の役に立つため、次は中小企業診断士を狙っています。

会社の役に立つため、次は中小企業診断士を狙っています。

再就職先の今の会社は、定年なしということです。会社の役に立つという観点で、次は中小企業診断士をとってみたいと思っています。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!

ページのトップへ