初学にして6か月で社労士にスピード合格!合格の秘訣は教材を一生懸命やること

そろばん塾を23歳の時から経営されている黄さん。資格試験の勉強自体が久しぶりとのことで、序盤は苦労したことも多かったそう。しかし、eラーニングや質問箱を活用しながら、フォーサイトを信じて勉強を続けたそう。結果、トータル6か月のスピード合格を見事に果たされました!

人物
受講講座
社会保険労務士バリューセット3【DVDなし】(基礎+過去問+直前対策講座+過去問演習システム)2021年8月試験対策
プロフィール
30代 自営業

資格を取ろうと思った理由は何ですか?

緊急事態宣言で塾が休みになり、収入の柱がなくなったことです。

緊急事態宣言で塾が休みになり、収入の柱がなくなったことです。また「そろばんをやっている社労士」というのはあまりいないと思ったので、この資格を選んだということもあります。

緊急事態宣言で塾が休みになり、収入の柱がなくなったことです。

数ある通信教育の中からフォーサイトを選んだ理由は何ですか?

(合格率が)全国平均の約3倍!に惹かれました。

まず、通信教育を選んだ理由は、独学だと書籍が多すぎて選べないこと、通学はあまりにも時間が合わない。そして半年しか時間がなかったため、自分のペースで一気にやりたいと思ったことです。
この2つを兼ね備えているのは通信教育しかないなと。その中でフォーサイトは、紹介サイトの最初に出てきたこと、合格率が高いことで、思い切って決めました。

eライブスタディの感想を教えてください。

このライブで熱く語ってくれたからこその今がある、と思っています。

そろばん教室が15時から21時までなので、eライブスタディは生で参加出来ませんでした。その日に間に合わない時は、翌日の朝に1.25倍速で見ていました。

最初はいきなり健康保険法のeライブスタディを見たりしましたが、本当に訳が分からなかったです。でも、分からなくてもずっと聞いていることが大事だと思っています。そうすると耳に残るので、後でもう一度健康保険法を勉強した時に、「あっ」と思い出します。とにかく歩いている時はずっとeライブスタディか基礎講座の音声を聞いていました。

このライブで熱く語ってくれたからこその今がある、と思っています。

フォーサイトの講師はどうでしたか?

二神先生が質問にすぐに答えてくれるので、スピード感がものすごいと感じました。

質問箱で二神先生に質問した時にすぐに返事が返ってきて、精神的に落ち込んでいた時にものすごく支えになりました。質問箱は、すごく心が荒んだ時とか、問題が全然分からないという時に二神先生にすぐに助けてほしい、という感じで使っていました。「もうダメです」と質問投げかけた時に、二神先生が「大丈夫」と言ってくれました。
通信講座はなかなか先生と一対一でやり取りすることは少ないと思いますが、こうやってすぐに反応がくるというのが、とても救われた感じがしました。

また、加藤先生のブログと二神先生のTwitterも見ていました。講師がいるというリアル感が持てるというのは自分の中で重要なことだったので、この2つはチェックしていました。

※いただいたご質問は、講師又は弊社質問回答スタッフが回答いたします。

勉強時間の確保で工夫したポイントは?

朝起きたらすぐやる。ご飯を食べながら動画を見る。歩きながら音声をひたすら聞く。

0時に寝て8時に起きていました。朝起きて、すぐ動画教材を開いていました。開けない時は、イヤホンで音声だけをひたすら聞きました。午前中は2時間ぐらい勉強し、12時ぐらいになって、お昼ご飯を食べながらまた動画を見ていました。15時から21時までそろばん教室をやっているので、午後はほとんど出来ません。そして、22時ぐらいから1時間半くらい勉強していました。時間がある時や歩いている時は、常に何かしら教材を聞いている状態にしました。平日の勉強時間は大体5時間ぐらいですかね。

土日祝日は時々そろばんの大会があるので、全然勉強が出来ない時があり、勉強時間はまちまちでした。むしろ、平日よりも土日祝日の方が埋まっていることが多かったので、空いている時に勉強する感じでした。

苦労したエピソードはありますか?

勉強自体が久しぶりすぎるため、最初のテキスト1周がとにかく辛かったです。

2周目ぐらいでも怪しかったです。「勉強体力」というものを取り戻すのが大変なのと、あまりにも用語が難しかったのもあります。それでも、繰り返せば何とかなる、ということに最終的に気づけて良かったですが。
テキストだけ回していても仕方ないので、過去問講座を聴いて、解いてみて、アウトプットを意識しました。過去問講座ではイメージをかなり膨らませることが出来ました。

勉強自体が久しぶりすぎるため、最初のテキスト1周がとにかく辛かったです。

直前期の勉強方法を教えてください。

ひたすらテキストを読んでいました。

分からないところはノートには書かずに、ひたすらテキストを折っていました。折ったところを開いて、分からないところをぐるぐる復習していました。基礎講座のテキストを何回も振り返ったり、問題演習をしたりしました。新しいことはやらない。特に難しすぎる模試の問題はほとんど捨てました。

直前対策講座については、量が豊富でびっくりしました。まだこんなにあったのか、という感じでした。しかし、それをひたすら繰り返いていれば何とかなる、ときっと二神先生と加藤先生が考えられたと思うので、信じてやっていこうと思いました。

自分の感覚では、直前期は伸びているという感覚は全くなかったです。ただひたすら繰り返して勉強しているだけでした。結果合格出来たということは、それがプラスになったのかもしれません。

ひたすらテキストを読んでいました。

今後の目標があれば教えてください。

労務管理のコンサルタントとして、B to Bの勉強もしたい。

今までは子どもたちにそろばんを教えるB to Cでしたが、今後はどちらの方向も出来るし、視野が広がると思います。両親が台湾出身ということもあり、海外志向が非常に強いので、海外に日本のシステムを説明したり、一緒に考えていったり、ということもやっていきたいです。
新しい武器を手に入れた気がしますが、まだまだ事務所定講習などがあるので、引き続き気を引き締めてチャレンジしたいです。

最後に、これから社労士を目指す方にメッセージをお願いします。

本当に大事なことはフォーサイトを信じ切ること。

そして二神先生、加藤先生を信じ切ること。本当にその教材だけを一生懸命やる。それで本当に短期合格、絶対に掴み取れると思います。空いている時間は全て使っていただいて、自分の時間をしっかり使う。そして、最後の最後まで諦めないことですね。
最後の学力テストなどで「もうダメかも」と思ったことが何回もありましたが、試験会場に行って、最後の1時間、最後の1分、最後の1秒まで諦めないこと。これが本当に合格につながると思いますので、ぜひみなさん合格を勝ち取ってください。

※フォーサイトでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底したうえで撮影を行っています。

本当に大事なことはフォーサイトを信じ切ること。

合格者の方が利用した、低価格でもしっかり実力がつく講座の教材内容や受講料をチェックする!