フォーサイトの宅建の教材はやる気がある人なら合格できる教材

フォーサイトの宅建の教材はやる気がある人なら合格できる教材

性別男性
年代20代
試験年度2015年(27年度)
エリア青森県
勉強時間800時間
勉強期間6ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私は、スキルアップのため、法律には初心者でしたが宅建を受けることを決めました。

ネットでおすすめの通信講座を検索していたら、口コミ等ですごくお勧めと評価をされていたフォーサイトを知りました。テキストもカラフルで、講義もフルハイビジョンで撮影とかで受講体験者から絶大なる支持を得ていたのでフォーサイトで勉強することを決めました。

私の決意としては一度落ちたら二度目は受験しないと誓い、自分自身にプレッシャーをかけ勉強しました。

一番大事だったことがスケジュールの管理をしっかりし、1週間の進捗状況をあらかじめ予定しておき、目標を達成したら、自分の時間を遊びに使っていました。

平日に仕事帰りで疲れていましたが、週の目標を早く達成して週末に遊びたかったので、かなり集中して勉強しました。

勉強の仕方は、最初にDVD講義で授業を受け、次の日に講義で受講した項目を熟読し、チェックテキストをしてを繰り返し、

一冊の科目が終わったら、次に暗記をしないといけないところは読んでも暗記できないので、ノートを取り書いて覚え、

最後に通しでチェックテストをし、道場破りで確認テストをして次の科目に移りました。

この流れで全科目終えインプットが完了したら、次にすることはアウトプットの過去問を解くことです。

私はインプットよりもアウトプットの過去問を解く時間をかなり消費しました。過去問は全部で5回繰り返し、ほぼ間違わなくなったところで合格へと近づいたと思います。

過去問が14年分あったので量的にも満足でしたが、年々宅建の試験問題が難しくなっており試験が終わるまで不安は消えませんでした。

実際に試験当日の問題を解いているときにここ数年で一番難しいなと実感しながら問題を解いていましたが、フォーサイトのお陰で無事合格できました。フォーサイトの教材だけで他の教材は一切購入していません。フォーサイトの教材で全てまかなえました。

中には分からなかったところもありましたが、ネットで調べたり、質問を講師の先生にしたりとしました。初心者の私が一回で宅建の試験に合格できたのはフォーサイトのお陰だと思います。本当にありがとうございました。

また、違う試験を受けるときは、また、フォーサイトにお世話になることは間違いありません。私の知り合いでも資格の勉強を受ける人が居たら、確実にフォーサイトをお勧めします。

しかし、教材等がよくても自分自身が本気になって勉強しないと受かりません。努力をした人が報われると思います。これから試験を受ける人はフォーサイトというすばらしい教材で、一生懸命勉強すれば必ず合格できると思います。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る