子供の世話をしながら宅建に合格できる通信講座

性別女性
年代20代
試験年度2016年(28年度)
エリア埼玉県
勉強時間800時間
勉強期間1年間
職業主婦
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
きっかけは実は夫婦喧嘩でした。主人から「出ていけ」と言われ、一人で生きていかないといけないし部屋もかりなければと考えていて気づいたら本屋にいました。

そこで宅建試験の本を読み挑戦してみることにしました。小さい子供が3人いる私にはかけられるお金や時間は限られていたので1年目は独学でやりましたが1点足りなく不合格でした。次は必ず合格したいと強く思いました。

金銭面でスクールに通うことは不可能だけど独学で限界を感じたので独身時代の貯金をくずしフォーサイトを申し込むことにしました。フォーサイトにしたのは、私にも出せる料金でしたし、テキストが分かりやすかったのが理由です。

独学で勉強している時は理解に時間がかかり勉強時間がとれないと不安になってイライラしたり、優しく子供の相手をする余裕がなく落ち込むこともありました。なので2年目は子供といる時は全く勉強せず沢山相手をして子供が寝ている時や幼稚園や小学校に行ってる間に集中してやろうと決めました。

子供の行事の日や夏休みはほとんどできませんでしたが、このペースで合格できたのはテキストや講義が分かりやすく理解がすぐできたこととメールやブログを読んだりして気持ちがリラックスできた事が大きかったと思います。

フォーサイトで勉強していると独学で勉強していたころ間違った理解をしていたのと、その年の試験で答えはあっていたけれどまぐれであってるところがあったので2年目も独学だと今回合格していなかったかもしれません。

合格できたことで、きっかけをくれた主人に少しは感謝してもいいかも・・・と思えるようになりました。応援してくれた3人の子供たちのためにもこれから前向きに生きていかなくてはと宅建試験を通じて感じることができまいた。ありがとうございました。

仕事がしたい社会にでたいと葛藤しながら一人で育児を頑張ってるお母さん達に、ぜひ挑戦してもらいたいです。きっと今よりも穏やかな気持ちで家族に感謝できると思います。私がそうなりました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る