扁桃腺が腫れて発熱しても宅建試験に合格できた理由を語る

扁桃腺が腫れて発熱しても宅建試験に合格できた理由を語る

性別女性
年代30代
試験年度2016年(28年度)
エリア岐阜県
勉強時間600時間
勉強期間6ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私は本試験1週間前から扁桃腺が腫れて発熱があり、あまりまともに勉強できませんでした。テキストを開いてぼうっとページを見るだけで頭は働いてなかったです。そして本試験前日にはものもらいが目に出来てさらにもうろうとしました。あまり勉強できないまま本試験当日になり、扁桃腺はすこしおさまりましたがものもらいが最高に腫れて、顔の半分は痛くてまともに目を開けた覚えがありません。ですがこんな状態でも宅建に合格することができました。36点とギリギリのラインですが、直前に扁桃腺の腫れとものもらいになった割には点数は取れたと思います。合格できたのはやっぱりフォーサイトの講座だったからだと思っています。5月終わりから勉強を始めましたが、完全独学で勉強するより効率よく出来たと思っています。自分で適当に買った本屋の問題集がダメ過ぎてフォーサイトの質問箱で相談すると、お勧めの市販の教材を教えていただき、本屋でその本を買ってみると自分で買ったものと比べられないくらいちゃんとしたものでした。DVDセット+窪田先生の問題集+市販の予想問題集をやりこんでいると、窪田先生がおっしゃっていたと思うんですが、問題の本質が見えてきてああ、宅建の試験で聞かれる、聞きたいことってこういうことか。と問題を表面だけで取るのではなく、中身の深くまで読み取ることができるようになりました。きっと直前に体調を崩しても合格できたのは本質がみえていたからだと思っています。最初は法律知識なんてゼロに等しかったのに、徐々に出来るようになってとっても楽しかったです!問題の本質を見る、というのが最初意味が分からなくて、先生だからそりゃ見えてくるよね、なんて思ったこともありましたが、本当に自分も読み取ることができるようになったときは驚きました!ここまで勉強することが出来たのは窪田先生並びにフォーサイトでサポートしてくださった皆様のおかげだと思っています。弱音ばかり吐いていた時も一生懸命励ましてくださり、どうせ受からないと思う反面、フォーサイトで支えてくださってる方の言葉に希望を持ってなんとか合格することができました。今本当にうれしいです!モチベーションを保てたもの、問題の本質を見ることができたのも、本試験に合格できたのもフォーサイトさんのおかげです!本当にありがとうございました!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る