フォーサイトの付録のノートは宅建の問題演習のとき便利

フォーサイトの付録のノートは宅建の問題演習のとき便利

性別女性
年代30代
試験年度2017年(29年度)
エリア栃木県
勉強時間1000時間
勉強期間7ヶ月間
職業自営業・会社経営
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
この度、無事に宅建試験に合格することができました。試験は去年に引き続き2回目になります。前回は正直四択問題なら軽く問題集を解いていれば大丈夫だろうと思い、他社の直前用問題集を一回通しただけだったんですが、民法はまだしも業法は全く対応できませんでした。そこで今回は最後の試験のつもりで通信講座を申し込みました。フォーサイトにした理由は価格帯と講義動画がスマホで観られる点です。ほぼ通勤時間しか勉強時間がないため、スマホを利用できたのは助かりました。人にもよるかもしれませんが動画は記憶によく残ります。私はまずは一通りフォーサイトの講義動画をみることから試験勉強を始めました。本格的に勉強を開始したのは試験の約3ヶ月前からです。それからは他社の過去問も取り組みましたが、基礎的な知識はフォーサイトの講義動画でカバーできていたように思います。ここで、私なりにフォーサイトの役立った点と改善したほうがいいと思う点をあげます。まず、役立った点は1.講義動画をスマホで視聴できる。

これは会社勤めをしていると大きな利点です。通勤時間の有効活用になりますし、家族に負担をかけなくて済みます。また、アプリ内にダウンロードできるところもパケット代を気にする必要がないので助かります。2.改正法のまとめが分かりやすい。

改正点と一問一答が薄めの一冊にまとめられており、直前期の詰めに役立ちました。市販の参考書ではフォローできない部分だと思います。3.付録のノートが素晴らしい。

四択問題用のノートが付録でついています。直前に予想問題をやる際に活用するとうろ覚えの選択肢を選別できるので非常に役立ちました。次に、改善した方がいいと思う点は1.問題の解説が雑。

これは好みかもしれませんが、私は通勤時間に勉強していたのであまり本を持ち歩くことができませんでした。だから、解説に根拠規定まで書いていて欲しいのですが、フォーサイトの解説は非常にあっさりしたもので丸バツの理由も分からないものが多いように思います。2.誤植が多過ぎる。

直前期に訂正のお知らせがきます。その量も多く正直辟易しました。3.問題数が少ない。

正直フォーサイトの問題数だけでは合格安全圏に行くのは難しいと思います。私は理解のベースを作るのに動画を使い、問題演習は市販の問題集を使いました。

批判も書きましたが、仕事も家庭もある中、通勤時間だけで合格できたのは本当にフォーサイトのおかげだと思います。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る