テキストと過去問で宅建を徹底勉強~4500問は解きましたよ~

性別男性
年代30代
試験年度2017年(29年度)
エリア福岡県
勉強時間500時間
勉強期間8ヶ月間
職業転職(求職中)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
4年前に宅建試験を3回受験し、あきらめていたにも関わらず再挑戦を決めた。

2016年GW明けのことだった。いざ受験。自己採点は34点。終了直前に解答を変えた。解答速報では変えたことが裏目に。

2016年11月30日。放心状態。35点。1点足りないではないか。なんであの時消して書き換えたのか。数日間自分を恨むようなことも。でも結局実力だったのかもしれない。

2017年。年が明けた。もう宅建はいいだろう。いやだめだ。昨年の努力はどうする。無駄にしたくない。

2017年1月22日。よし、これが最後。と思いもう一度挑戦を決めた。テキストは市販の最新版TAC様の物を用意。過去問は、昨年使ったものもあるし、昨年受けた問題も解説もあるからとにかくテキストを一読。

過去問を徹底攻略していくパターンで攻めることを計画。平日は出勤までの朝5時から6時半まで主に過去問。休日は朝から図書館へ。地道な戦いが始まった。

勉強を再開してから約1ヶ月した3月のある日、昼食を終え、少し休憩がてら図書館の本棚に。1冊のフォーサイト様の本が。偶然といっても過言ではないフォーサイト様との出会い。すぐにくまなく読んだ。

勉強方が間違っているかもしれない。疑問が頭をよぎった。テキストを読んで、重要な部分はノートに書き写していた。これでは書き写した労力だけが浪費される。テキストに書いてることをあえて写す必要などない。

割り切ってすぐに持っている問題集にとりかかった。

帰宅後、フォーサイト様に資料請求。なんと資料は即日発送。資料もよく読んだ。しかしいくら通信教育とはいえ過去問講座4万円近くは痛い出費。申し込むまでに約1ヶ月の決断を要した。それまでは過去問を必死で解く生活。

4月30日。妻が一言。「受かるためだったら安いじゃない。」過去問講座を申し込む。翌日に教材発送。

到着後早速箱を明け、道場破りにログイン。一通りの設定を済ませ後はひたすら窪田先生の教えどおりに講義動画(PCにてストリーミング動画接続が便利)と過去問講座の問題集を往復。

休日は朝から夕方まで図書館にてひたすら過去問を解く。

問題集の難易度と時間の設定に気を配り、スマホにカウントダウン式のストップウォッチアプリを取り込み時間とも勝負した。解けば解くほど分からないことはオンラインで質問。すばやい回答には大いに助けて頂いた。

9月に入り、実際の本試験同様の環境を図書館で実行。11時頃に軽い昼食を済ませ、13時ギリギリまでテキストや単語カードをめくる。13時~15時は過去の試験を解いた。終わればまた2時間かけて間違えたところを解説で復習。

気がつけば9月30日。ここまで過去問は3回、過去試験を10年分繰り返した。約2,500問だ。でも何かが物足りない。

10月5日から14日までは会社もすべて休んですべて宅建につぎ込んだ。合格必勝編にのっとり神社へもお参り。窪田先生の「ああしておけばよかった」が妙に残っていたからだ。

そしてまた朝5時から9時までは過去問を解いた。9時から夕方までは図書館。13時15時は本試験同様のトライ。

またまた10年分。それでも解けないところもある。何度も何度も解説を読み、テキストに戻って頭に叩き込んだ。ここまで約4,500問くらいは解いただろう。

10月15日。試験当日。またまた図書館。最後の最後まであきらめない。いただいた統計資料、法改正を叩き込んだ。

試験開始。

一通り問題を眺める。出題形式が違う。ここであせってはいけない。

今年解答方法を決めていた。まずは統計を含めた最後の5問から。そして宅建業法。法令上の制限。その他法令。最後に権利関係だ。当然初めて見る問題だから解いたことはないから難しいものもある。

しかし過去問とそっくりどころか同じ問題か?という問題も。過去問をしっかり解くということは本当に重要だ。最後に解答を見直し。特に今回は解答変更はしなかった。

帰宅後、今回は当日の解答速報による自己採点はしなかった。本当に約9ヶ月間が疲れた(心地よい疲れ)からだ。

10月16日早朝5時。試験までの生活が染み付いて早く起きてしまう。自己採点実施。手が震えた。37点だ。今まで36点を超えたことはないから恐らく大丈夫だろう。でもマークミスがあるかも知れないが。そこは考えなかった。

11月29日。帰宅。ポストを覗く。合格証が来ていないではないか。あせる。ここでまた妻が一言。「合格証は今日発送らしいよ。」意外と気にかけてくれている。

もうどうこうしたってしょうがない。ネットにて合格発表を見た。あった。合格だ。妻と喜んだ。乾杯した。

11月30日。合格証書が届いた。本物だ。心底うれしかった。今年あきらめなくてよかった。

フォーサイト様の過去問講座に申し込んで本当によかったと思う。独学もいいけれど、やはり受験のプロのアドバイスに素直に従ってコツコツとやる事が最短ルートだと思う。

決して気を抜かず、時にくぼたっけんを見て励まされた日々が懐かしく思える今日です。

窪田先生、フォーサイトのスタッフの皆様本当にありがとうございました。お世話になりました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る