70歳を前に宅建挑戦。初回不合格、次はわかりやすいフォーサイトで合格

性別男性
年代60代
試験年度2018年(30年度)
エリア岐阜県
勉強時間1000時間
勉強期間11ヶ月間
職業自営業・会社経営
勉強法暗記,過去問
商品DVD,問題集
受験回数2回目
試験科目宅建業法,法令上の制限
学習スタイル独学
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
見出し1

70才を前に宅建試験に挑戦した理由

①若い頃から人生一度は国家資格にチャレンジしたいと思っていたこと

②ボケ防止効果を期待したこと

③残された人生に何か目標を持つ事の大切さや毎日机に向かう姿勢を7人の孫達に見せたかったこと



しかしながら、3人の娘達からは国家資格よりもストレスをためず元気に長生きして孫達の面倒を見て欲しいと言われ続けていましたが。笑い



見出し2

初年度不合格となって気付いたこと

①独学での一般的な教材選びの難しさと受験期間中のモチベーション維持、そして情報の質と量の問題、孤独との戦いをどうするかと言った難問ばかりだったこと

②学校の勉強の様に全ての科目の合格点を一律70から75%と置いてスタートした学習スケジュールと、合格点をクリアーする目標における勉強時間、労力、理解度などとのギャップがいかにも大きかったこと

③過去問を繰り返しやることの意味を正しく理解出来ず結果としてかなり無駄な時間を過ごしてしまったこと

具体的には、教科書を先ず理解することが第一と考えて、難しい権利や法令上の制限などで苦戦を強いられ中々先に進めなかったこと



過去問を解くことで、逆に教科書のポイントや自分の弱点が分かることに気づかず、本当に遠回りしてしまいました。



一方で、とても難しい直前問題集を何冊も購入し、問題を解くほど自信をなくして行きました。

本番直前には、まだ解けない問題が気になるしキャパオーバーで暗記科目も覚えられない日々が続きました。また、限られた時間内に問題を解くスピードも養成出来ず基礎的な問題でのケアレスミスが続出しました。

最悪の状態で本番を迎えたのです。



見出し3

フォーサイトに巡り合って目からウロコ

①とにかく教材がシンプルで分かりやすい、カラー印刷でキレイ、途中のコラムも一服の清涼剤

②DVDの講師の先生の生徒に対する温かい思いやりを感じて随分励まされました。ありがとうございました。

③初めて聞いた『捨問題』と言う言葉。えっと驚きました。権利はいくら勉強しても中々点が取れない。だから宅建業法で満点を目指せ!暗記科目の勉強を怠るな!などなど

④過去問を何回も解く内に、あれだけ難しいと感じていた権利も過去5年間の問題はほぼ正解出来る様になりました。また、なじめなかった法令上の制限も点数が伸びて来ました。

しかしながら満点を目指した宅建業法は本番で4問不正解でした。それでもその他科目で満遍なく点数が取れて見事合格の通知を受け取り、今はフォーサイトに巡り会えた喜びをかみしめています。本当にありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る