育児をしながら3か月で宅建に一発合格!

性別女性
年代30代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア北海道
勉強時間300時間
勉強期間4ヶ月間
職業自営業・会社経営
勉強法暗記,過去問
商品テキスト
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
6月末に決意をし、7月10日に申し込みをしてから本格的な勉強を始めました。2人の小さい子供がいる私は、講義を机に座って受けるという時間がとれずオンラインで受講でき且携帯でどこでも勉強できる環境を提供しているところを探しフォーサイトにたどり着きました。講義に申し込む前に購入したテキストブックと講義は倍速で見て、過去問は、ノートを使用し少なくても2回は問題を解きました。また、最後の最後まで確認テストは活用し、暗記用の持ち運びできる単語カードは常に持ち歩きました。

何事にも短期集中型な方なので、集中してまとまった時間をとり勉強し始めたのは10月に入ってから。

また、不動産関係の知識が全くなかった私は勉強の途中に、来年大幅な法改定があることを知りそれがさらにモチベーションアップになりました。今年勉強したことをまた来年覚えなおしたくないと。。。

本試験1週間前なのに、去年の過去問30点、模擬試験や直前対策でも合格点は取れず不安でした。とにかく過去問を何度も繰り返し解くことと、こちらで書くのは大変失礼になりますがYou tubeで他社の先生方がアップされているまとめの講義を見て別の先生からの視点やまとめを取り入れるてみたりもし点数アップを図りました。

そこから数日で過去問の間違えや、問題の理解がアップし合格点には到達することはありませんでしたが大きな点数の伸びを感じました。

テスト前2日間は、少なくても8時間/日の勉強を行い納得いくまで勉強し夜間も勉強。最後の2日間は深夜を超えるまで勉強し当日を迎えました。

当日は、テキストを見返したりして今時のながら勉強をし試験へ挑みました。

久保田先生のテスト前日の過ごし方とは程遠い過ごし方をしましたが、テスト前は気持ちを落ち着かせようと深呼吸をしました。



試験後はあまりにも燃え尽きてしまい、本試験後はすぐに自己採点はしましたが解答をみて間違った回答を見直すまでには気持ちがあがらず。合格するかしないかのボーダーで不安な1か月ちょっとをすごしましたが、なんとか合格することができました。大変お世話になりました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る