講義で宅建のイメージが「難しい」から「楽しい」に変わりました!

性別女性
年代30代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア大阪府
勉強時間300時間
勉強期間8ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問
商品DVD,道場破り
受験回数初学者(1回目)
学習スタイル独学
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
この度、合格することができ、とても嬉しいです。

フォーサイトを選んで本当に良かったと思います。

また、窪田先生の分かりやすい講義と温かい声援に励まされ、合格を手にすることができました。

ありがとうございました。

私は、自己啓発のために宅建の勉強をしようと思い、今回の受験に至りました。

ですので、現在の仕事は宅建と全く関係ありませんし、宅建の内容すらよくわかっていない無知の状態からのスタートでした。

周囲に宅建を受ける話をすると、みんなが難しいよと口を揃えて言うので、そこで初めて合格率の低さを知ったほどです。

講座を申し込んだからには合格したいと思いながらも、果たしてこんな私が合格できるのだろうか、そもそも講義についていけるのだろうかと不安でいっぱいでした。

そのような中、講義のDVDを視聴してみると初めて聴く内容ばかりでしたが窪田先生の話し方に引き込まれ、「宅建=難しそう」から「宅建=面白そう」にイメージが変わりました。

仕事をしているとなかなか時間の確保が難しく、勉強も思うように進みませんでしたが、私は通勤に1時間半から2時間を要するため、その時間を活用して「道場破り」を繰り返し解いていました。

「道場破り」は本当に有難い機能でした。

繰り返し解いていると正解数もだんだん増え、難しい言い回しの言葉も理解できるようになり、問題に目が慣れていきました。

また、過去問も解く回数が増えるにつれて毎回、同じような問われ方をしているなどパターンが見えてきました。

窪田先生も講義の中で何度も仰っていましたが、問題を繰り返し解くことの大切さを実感しました。

宅建の問題は、出題範囲がとても広いため、独学では到底、合格を手にすることはできなかったと思います。

長年の出題傾向を分析され、的を絞った講義をしていただいたおかげで効率良く勉強することができました。

宅建に合格できたことで、自分に自信がつきましたし、今まで知らなかった世界を知ることができて視野も広がりました。

これから、宅建の資格を武器に新たな分野でも活躍していきたいと思います。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る